スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

フランス女のホントのところ

「ナチュラルが信条」のフランス女性ですが、
本当にナチュラルに生きてるのはある意味B・バルドーくらいで(笑)、
みんな“自分だけがモテるために影の努力は惜しまない”
というのがホントのところだと思います。
-BB

いまやフツーの人でさえボトックス入れるような時代に
「全然、一度もしてません」なんてかたくなにウソを突き通すのはフランス女優だけ。
私はカンヌ映画祭の時50cmの距離でカトリーヌ・ドヌープを見たけれど、
「じゃあ何かい?そのほほは全部“気合”で上がってるのかい?」と聞きたくなった。
本当に聞いたらきっと「そうよ」とそっけなく答えるのだろうけど。
(実際はすごいオーラでこっちは息もできなかったほどだった(汗))
CD

とにかく“現役魂”が強いので、たとえ相手が50代の女性でも
ライバルとして気は抜けません(笑)。
JB

フランス女はそれぞれの年齢、、、というか個性の美を軸に
強み(魅力)を生かしていく方法なので、
日本のように横並びから「突き抜けた」とか
「基準に満たない」というものではありません。
だから「女の戦い」みたいなドロドロした感じには絶対になりません。
だって誰もが「当然、自分が1番」と思っているから(笑)。
自分が1番、相手も相手の中では自分が1番、
そうやってそれぞれが己の女街道を進んでいくのです。

内面の個性に外見の個性もてんこ盛るので
フランスの女市場はまさしく百花繚乱。
BP

そして実はこれからもっと面白くなるのは「男子の美の市場」。
フランス市場に肉薄し、世界的にみても完熟しつつある女子市場に比べ、
こちらは日本はまだまだ未成熟の分野なのでフランスのそれは見ごたえがあります。
このお話はまたいつか。


いつも応援ありがとう♪ 今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング
ヴァネッサつながりで恐縮ですが、
ヴァネッサ&ジョニー夫妻もJUAN-LES-PINSの超高級レジデンス PROVANCALを購入予定らしい。あの二人をナマで見れる、地球に生まれて、、?

Posted by abcnt - comments(2) - -

ミス2009からSATCまで

先月行われたミス・ユニバース2008。
ベネズエラ代表のダイアナ・メンドーサさんが優勝されたそうです。
今年はアジア人が完敗したかのようなファイナリストの面々。
ちょっとひと昔前のミスユニバースのイメージ?

miss2008

「ミス・ユニバース」らしさいっぱいのダイアナさんに
優勝のティアラを渡したのはもちろん、昨年度優勝の森理世さん。
ロングドレスの美女たちの中を
世にもセクシーなタキシードドレスで颯爽と歩く姿は
今年度のミスもかすむほどでした。

日本ではなかなか理解されない森さんの美しさですが、
私はどんどん凄みを増す彼女の美しさのとりこです。
美の瞬発力が抜きん出てると思います。
アジアンビューティーというよりも彼女自体の持つ美しさ・生命力・セクシーさは
ジャングルの野生の花が持つパワーをイメージさせます。
「はっ!」っと心が震えるような美だと認識しています。
捕らえがたい美しさ、定義しずらい美しさ、
受け手によって評価の大きく変わる美しさ、、、、
そういういわゆる「美」の本質を備えているのが森さんだと思います。

そして「美」の本質といえば、、
先日先行ロードショーを観た「SEX AND THE CITY」ではジェニファー・ハドソン
(『ドリームガールズ』でビヨンセを差し置きアカデミー助演女優賞に輝いた新人女優)の神々しい美しさも必見です。
あの4人をもってして観客の関心をかっさらう彼女の存在感ってすごくないですか?
彼女の「いるだけで人をすごい安心させる」美ってどこからくるのでしょう?
キャリー同様「彼女が来てくれる、もう大丈夫だ」と
すごい安心感を覚えたのは私だけではないはず(笑)。
生まれながらにミューズみたいな女性っているけど、
ジェニファーがまさにそんな感じ。
主演にしたら即主演女優賞取っちゃうんでしょうね、、、目が離せません!



こうしてみると生命力に裏付けられた女性美というのは
パワースポットに存在する「なんか神秘な感じ」と同じ成分でできてるのでしょう。
やっぱり女性は神秘。女性は地球の神秘です。
話が地球規模になるのは最近の私のおかしな傾向です(笑)。
今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(6) - -

キリストの涙

茶色の小瓶「Pistacia lentiscus」から始まった
マスティックツリーをめぐるネット小旅行。
「キリストの涙」やギリシア・ヒロス島に
興味をもたれた方は以下のHPも訪ねてみてはいかがでしょうか?

マスティック研究会
島民女性の「キリストの涙」採集のいでたちがキュート。
マスティックの効能、製品も多数紹介されています。

マスティック・ガムを取り扱う会社のHP。
採集や島の様子がくわしく紹介されています。
ツリーから滴る樹液の画像は神秘的です。

歯周病予防のための研究報告書
後半はかなり専門的ですがさわりにわかりやすい説明があります。

マスティックとカカオのスーパースリミングクリームなど
魅力的な商品がそろうMASTIC SPA
CNNVIDEOで樹液が滴り落ちる瞬間や採集の様子を動画で見れます。


精油はいろいろなサイトで販売されています。
私はプロヴァンスのちょい北のPERTUISにあるPARADESA
のものを購入。
ちなみにここのBIOローズシリーズのローズ石鹸は
あまりにナチュラルかつ香り高いゆえに
窓から侵入してきた鳥についばまれた被害の記憶あり。
(こいつはこのソープとボンママンのレモンクッキーだけをラップの上から狙うという
高度な知能と嗅覚の持ち主だった あいつめ〜)


今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

キリストの涙

コートダジュールにある香りの聖地グラースで
毎年行われるアロマテラピーシンポジウム。
数年前その特設ブースでいろいろな珍しいエッシェンシャルオイルを買いました。
主にアンチエンジングに効きそうな、希少で当然お値段も高めのものばかり。
ただ興奮して買いそろえたものの、あまりに珍しいと文献が少なかったり、
日本語じゃなかったりして効能について情報が少ないオイルもあり、
もてあまし気味でした。

当時は自宅でネットに繋がっていなくて、
自身のPCもなかったため調べる余裕がなかったのでしょう。
価値のあることだけはわかっていたので
冷蔵庫のチルド室で大切に保存していました。

それから時が過ぎ、先ほどおもむろに「この精油、何に効くんだっけ?」と
思い出したように取り出した小瓶に書かれた「Pistacia lentiscus」の文字。
たった17文字のアルファベットが私を素敵な「検索の旅」といざなってくれました。

まず「Pistacia lentiscus」というのは
マスティックツリーの学術名でウルシ科の洋乳香。
(ピスタシア・レンティスカスまたはスヒノス・マスティホフォロスと呼ばれる)

マスティックはギリシャのトルコ半島に近いエーゲ海に浮かぶ
ヒオス島にのみ群生する常緑灌木(背が低く横に広がるタイプの木)。
毎年7月〜9月に幹にキズをつけ、そこからしたたり落ちる樹液が固まり
涙の形になることからその樹脂は「キリストの涙」と言われています。

ヒオス島でしか樹脂を収穫できない、
そのためトルコ軍に制圧された過去を持つ、
なのに教会もそのままにキリスト教が許されてる、
ヒオス島では谷を挟んた教会どうしでロケット花火を打ち合う祭りがある、、、。
ん?どこかで、、、。
樹液の滴る画像、エーゲ海の小島、ロケット花火打ち合う、、、ピーン!
「なんか最近TVで見た!」
ギリシャの小島の話とくれば「ウルルン滞在記」に違いないと検索してみたのですが、
実は6月7日放送の世界・ふしぎ発見! 「エーゲ海の熱い夜 静寂と喧騒の宝島 ギリシャ ヒオス島」という番組でした。

なんとなく見てた割にはその樹液のシーンの印象が強烈でした。
低木のねじれた幹から透明の樹液が涙型に固まって、
それを村人が手で摘んでゆくわけです。
しかもエーゲ海に浮かぶ小さな島にしかその「涙」は姿を現さないなんて!

マスティックの樹脂はそのまま天然のガムとして愛用されていたそうです。
口腔内細菌への効果からガム、歯磨き、などが商品化されています。
地元ギリシャではボディケア用品なども販売されているようです。
抗菌作用が強く、最近は対ピロリ菌に効果を発していることから
今後ますます研究が進んでいく様子。
オイルには「血行促進、若返り」「瞑想や浄化に良い」との効能が、、、♪
(ちなみに5mlで8500〜9800円位します)

不思議な縁で私の手元にある茶色の小瓶が
こんな数奇な歴史を生き抜いてきた遠くの島の木からできていたなんて。
そしてたまたま「へ〜」と傍観してた日本のTV番組の
その中で「へ〜!こんなのあるんだ!」と興味を抱いた「キリストの涙」を
数年前から自分が持っていたなんて。

人生の中で何気なく見るもの、聞くもの、触れるものとは
深いところでどこか繋がっているんでしょうね。
それを身近に感じられるようになったのはインターネットのおかげ。
ちょっとした小旅行気分に浸れる
マスティストゥリーとヒオス島については次回ご紹介。

Posted by abcnt - comments(0) - -

知は美なり

フランスとニホンのテレビ番組で一番違うところは出演者の年齢層。
ティーンはほっとんどいません。
20代も少ない。
30代になってやっと「活躍している若者」として発言権を持ち、
それでももてはやされてレスペクトされて扱われるのは
40代以降の出演者ばかり。

ロクでもない社会、、、とぼやく(笑)フランスで私が唯一好きな点は
老若男女が「自分の意見」をはっきりと主張しあって
イキイキと会話を楽しんでるところ。
肩書きや年齢、たぷたぷのお腹、、、などに一切引け目を感じず
「パーソナリティー」勝負ができるところ。
すべては「総合的な個人の魅力」にゆだねられているのです。
カフェでもレストランでも町の中心に
さまざまな年齢層の男女が会話の花を咲かせ「共演」しています。
自分とまったく異世界の人ともカフェのテーブル越しに会話ができるんです。

トークバラエティ番組やクイズ番組でも
ニホンでは「おばさん」として黙殺されるような風体のマダムが
ウイットに富んだ返答で観客をうならせたり、
「おっさん」と切り捨てられる風貌のムッシューが気の効いたことを言ったり、、。

年齢より個性に重きを置かれる社会だから当然、発言者は年齢を問われないんですね。
(その代わり恐ろしいほど狠羶鉢瓩鯡笋錣譴襦
それに比べ、ニホンの番組のおばさんタレントは肩身が狭そうに押し黙ってたり、
ましてや一般の「おばさん」には発言権さえ与えられてない空気。

ところでそんな熟年だけのとある番組ですっごくキレイな人を見かけました。
MADAME
MADAME
この地味な番組、、、ひたすらひとつのテーマを討議していくのだけど、
出演者がみんな理知的で「ああ、知とは美なり」と思い知らされました。
MADAMEMADAME
なにが素敵かわからないけどこのマダムすごく素敵です。
ちゃんとシワもたるみもあるのに白T者シャツ一枚で素敵って一体、、、?
こういうタイプのマダムタレントってニホンにはあまりいませんよね?
ニホンのマダムタレントさんはどちらかというと「かわいい」「若い子に負けてない」
「その年齢に見えない」ことが財産なかんじだけど、
フランスには「歳相応」で「知の美」をこれでもかと光らせる方をよく見かけます。

「お話してみたい」「この人と話したらどれほど充実した話ができるだろう?」が
フランスモテの肝のようです。



いつも応援ありがとう♪ 今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(3) - -

頭にアンインストールを

パリとトーキョーとコートダジュール(JLP)。
どこに住みたい?といわれてもそれぞれいいし、
それぞれ「ここに一生はちょっと、、、(苦笑)」みたいなところがある。

5感が覚醒し生命体としての喜びとともに毎日を過ごせるのはダジュール。
都市としての美バランスを堪能して生活できるのはパリ。
人知の極み、最先端システムの中で時間・労力的に最も無駄なく生きれるのがトーキョー。

自分の感覚や体の機能の何を喜ばせ、何を犠牲にできるかは人それぞれ。
たとえばトーキョーでは「時間の無駄やロス」は世界一ないけれど、
「勝手に入ってくる視覚情報の無駄」は世界トップレベル。

「ゆっくり過ごすことが最大の幸せ」で
「見たくもないキタナイものを見る」のがこの上なくイヤ、、っていう
私にとってはトーキョーライフの価値は低いということになります。
兄弟で♪

111707
トーキョーにも「なんにもないトコロ」があればいいのに。
頭のアンインストールにそういうサロンを作ってみようかしら、、(笑)。
トーキョーで「コートダジュールの休息」ができるサロン、、、
ビジネスパートナーとして興味をもたれた投資家さま、ご連絡ください。


なんといってもニホンジンは狭いところにちっちゃいものをあれこれ詰め込むのが大好きな民族。(ex.コスメの限定コフレ お弁当 ケータイコンテンツ 電車(笑))どこに行っても情報過多。過ぎたるは及ばざるが如しなり。
いつも応援ありがとう♪ 今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

ブレイク大予想

古今東西CMモデルはただキレイなだけじゃダメ。
たった15秒のCM中のそのまたたった2,3秒で
見るとはなしに見ていた人の心までグッとひきつけなくてはいけないから。

下のTVCMのモデルさん、どう思いますか?
CM自体もステキなできだったのですが、
どうやらこのモデルさんが視線を奪うようです。
-キレイな人
この方の名前は存じませんが実は猴名な疚橘哨皀妊さん。
数年前から一流ランジェリー数社の新作パンフレットに登場されていて注目していました。
ランジェリーのミューズって狭き門で1社でも大変なのに数社!
そしてその時々でまったく別人になれるプロのモデルさんです。

美人でスタイル抜群。
だけどそんな人は世界にはたくさんいます。(パリに行くともっと実感します)
そこをどうしても彼女じゃなきゃだめな理由は、
どうやら彼女の瞬間の表現力の強さ瓩砲△襪澆燭ぁ

ちなみに今回はカルテノワール(コーヒー)のTVCM。
コーヒーもそのもの自体より香りが広がる犹間や空間瓩離ぅ瓠璽犬杷笋蠅泙垢茲諭
彼女が演じると「キレイになれるコーヒー」「美人が飲んでるコーヒー」
「出会いや恋を引き寄せるコーヒー」ってイメージが沸いてきます。
イメージ命

実は私、このモデルさんが数年内に映画デビューするんじゃないかと予感しています。
もちろん、演技ができるか?声はいいか?それ以上に本人が望むかにもよりますが、
5年以内にブレイクの予感がします。
実はあたるんですよ!私の女優ブレイク予想(笑)!
何気ない無名のCM時代に目が釘付けになって(切り抜きするほど)
その後8年〜10年でオスカー級の大物女優になるモデルさんを
嗅ぎ分けられるんです!

裏を返せば、すっごく「普通の人」の私が反応するくらいだから
よほど万人を惹きつける魅力があり、
当然の結果として大衆を魅了する女優になるのでしょうけど。
とにかく彼女は要チェック!(じゃあ名前調べとけって?(笑))

もうひとりはすでにブレイク中の
『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』主演のマリオン・コティヤール 。
マリオン1
今年のカンヌにも来てました。大物への階段駆け上がり中。

「すごい美人でもない」が「どうしても気になる人」がブレイクの段階ごとに格段に美しく変貌していくのを見て驚くのが好きみたい♪驚くだけで終わるんですけど(笑)。アキバ系か?
こちらもブレイクさせてやってください → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

美マダムと美執念マダムとの差は!?

フランスでとっても有名なこの女優さん。
なのに名前を知らなくて恐縮ですが、
個人的に興味がないので何度聞いても覚えられないみたい。
それはともかく、この度この方が蝋人形になりました!
蝋人形1

蝋人形になる、、それは手形をとって道にはめ込まれるよりもセレブの証。
だって、「作品」となった固体を見てみんなが喜んでくれる程の人でなくては
蝋人形に選ばれないでしょう?
それはもう、見た目の勝利、
それこそセレブ冥利に尽きることではないでしょうか?
蝋人形2

さて、このお方、かなりお年を召しているのに
20代モデル並みの脅威の若ボディを保っているのがウリの美形女優さんで、
「魔女」や「不思議の国の王女様」をやらせればニッポンイチ、いやフランスいち!
いろんな意味で存在感のある方です。
お仕事も自慢のボディラインの出る役を引き受けることが多く、
同世代の中での露出度は世界的に見てもピカいち。蝋人形3
この日も蝋人形の製作過程を惜しげもなく疲労。
たるみのまったくない美ボディラインをご覧あれ!


しかし自分や周りの人々で好感度が高いかといったら、、、、×××。
なにか「美ボディへの執念」みたいなもののほうが前面に出すぎて
見ててひいてしまうんですよね。

そう、美へのあくなき追求はアリでも若さへの固執はNG。
美ボディへの弛まぬ努力はアリでも若ボディへの執念はNG。
犲郊広甅犲糠悪瓠◆◆◆努力が過ぎて「執」の字がついてくると
見るほうは負担を感じるものです。

「どっちが蝋人形かわからない」ってコメントさえも
フランス流の皮肉なのかと思っちゃったくらい。
美マダムを目指すが故に「美にこだわってはいけない」という難しさ。
つくづく美マダム道は遠く険しく奥が深い。

ずっと彼女のフランスでのキャラをうまく説明できなかったんだけど、今日はっと気づきました。ニホンのタレントさんだと高見恭子さんなかんじ?何か感じる「しっくりこなさ」(笑)。スタイル良すぎる美人への嫉妬でしょうかね〜?水面下の努力を微塵も見せない白鳥ゆえの孤独さ?キレイに歳をとるってホントさじ加減が難しい。
応援クリックお願いしまーーす → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -