スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

役にたたないニース貸し部屋事情

先日お問い合わせのあった「ニースの貸し部屋」で思うことをまとめてみました。
結論から言えば「見つけるのはパリより数段難しい」ことになります。
理由としてはパリみたいに「貸し部屋で稼いでやろう」って空気がないことかも(笑)。
お部屋が空いてるお宅は実は結構多いと思います。

私は泊まるところもないままダジュール入りしてしまって、
はじめはメリディアン系の3星ホテルに2泊、快適な1つ星ホテルに1週間、
その後日本人女性の貸し部屋に2週間滞在。
その間に就職先が決まってジュアンレパンに住まわせていただくことになり、
ニースを後にしました。
残念ながらその日本人女性が貸し部屋をしたのはその時限りで(私のせい??)、
当時はその方しかニース近郊を含めても貸し部屋情報はなかったです。

ニースにいる1ヶ月の間に貸し部屋やルームシェアを探しました。
会う人会う人に「仕事と家を探してます」といい歩き(泣)、
ニース大学の掲示板にルームメイト募集のアノンスを探しにも行きました。

ニース大学の掲示板はよいアイデアだと思います。
中には「日本人の女学生ONLY」という募集さえありました。
これを見てフランス人の相方は「なんつー“人種差別”!」と驚いていたけど、これぞ世界で脈々と続く「日本人いい人伝説」の動かしがたい実績の賜物です!みんなも続けよう!)
貸しなれた家主や、妥当な料金など優良物件が多いのですが、
学生相手のアノンスだけにタイミングに大きく左右されるのが難点。

そんな経験からニースに長期滞在したい場合、はじめは寮や部屋を手配してくれる
私営の語学学校の受け入れ制度を利用するといいと思います。
紹介されたところがいやだったら、その時から物件探しを始められてはどうでしょうか?

実はダジュール人はみなびっくりするほど人が良く、「人の役に立ちたい」、
特に相手がアジア人の背の小さな女子ともくれば
「どうにか手助けして喜ばしてあげたい」と思っているものです。
(残念ながら私は結構大きめ)
なので生活を始めて何度か声を掛け合う店の店員やCAFEの常連にでさえ
「部屋を探してる」と言えば、どこからともなく「空き部屋」情報がやってくることも。
その申し出が悪意のあるものか善意のものかは
日ごろの自分の行いからしか判断できませんが、
ダジュール人の思考はとってもシンプルで
“困ってる→助けてやる”の一方向しかない場合が多いです。
頭で考える前にハートで動いちゃうので失敗も多いけど、
その分、日本の常識では考えられないようなミラクルを生み出すのも多い彼らなのです。
個人的見解ですが、ニース中心部を離れれば離れるほど、
ミラクル遭遇率は上がると思います。
BONNE CHANCE!
        浜辺といえば犬とジョギング
〜プチリンク集〜
「地球の〜」提示で10%off+長期滞在で値段交渉に応じてくれるHOTEL REX
すごい情報量!Vive la Provance!さまのリンクページ
たまたま見つけたニースの貸し部屋情報



日本でニースの貸し部屋を探した事から私のダジュールストーリーは始まった(笑)ので今回は力んじゃいました、、、。
ほんっとに住むとこなくて胃が痛い毎日だったけど、おかげでピカソも住んだお屋敷に、、、。「選択肢のなさ」が呼び寄せた縁ですが、それも外国生活ならでは。
こうなったら生き物すべてに感謝、地球に生まれてよかったー!
今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

涼を求めて 涼を与えて

コートダジュールは避寒地として発展したので夏はあくまでアツイです。
でもそれは「暑い」ではなく「熱い」と表現されるアツサです。
圧倒的な光の量が照りつける「熱さ」。
だから光さえ遮ればもう熱くない。ただまぶしい世界に目を細めるだけの世界です。
日陰のコートダジュールほどすばらしい環境はありません。
まばゆい光のなか、涼風の通り過ぎる木陰にいることのこの上ない贅沢さ。
「幸せ、、」と何度つぶやいたことでしょう!!

つり中

なのに、なのに、夏のニホンジン女子の必需品、日傘がさせないのは本当に残念。
ビーチパラソルは良くて日傘はNGなのには承服いたしかねます、、、(笑)。
もちろん自由の国ですから日傘もさしたければさせばいいんですよ、
でも好奇のまなざしにさらされるくらいなら、、、と
ダジュールで日傘は封印しています。

コートダジュールは腐ってもおフランス(笑)。
景観を第一に生活しているお国柄、普段は個人主義まるだしなのに、
こういうことに関しては一致団結、
「見た目がそろわないのは許さない」という無言のプレッシャーをひしひしと感じます。
太陽を楽しむ場所で太陽光線を遮る行為=日傘をさすことは
みんなの楽しみたい気持ちに水を差すことに他ならず、
本物のモデルや女優でもないかぎり“滑稽”以上に“不快な奴”とも思われかねない。
ここでもモデルや女優ならいいわけ〜?つまり「美」で景観をよくしてるから反対されないってことかと解釈しています。

フランス(パリ)が人気なのは徹底的に美観にこだわった街づくりをしてるから。
コートダジュールもしかり。
マンションの日よけだって、あれは各家庭で任意でつけるのですが、
色や柄はマンションの組合によって決められています。
「見た目について自分勝手は許さない!」そのルールによって美しい景色を楽しめているのだから、自分だって“景観”の一要素としての義務(?)を果たしたい。


ダジュールルール
コートダジュールでは「人は見た目が10割」。


今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング


Posted by abcnt - comments(2) - -

無駄とゆとりは同異義語

毎日少しずつ日が暮れるのが早くなってきた。
ジュアン・レ・パンも18時〜19時くらいですっかり夕方の景色。
まだまだじりじり焼けるけど、そろそろ帰ろうかって雰囲気に包まれます。
夕暮れのパブリックビーチ
ジュアンでのパラセーリング超オススメ!イタリアまで見えちゃう!

ジュアン・レ・パンのパブリックビーチにもライフガードセンターがあり、
そこのインフォメーションボードには「今日の海の記録」が毎日書かれるのだけど、
この日の備考欄には前回と同様、海とは全然関係ないフレーズが。
必要な情報をください
「くらげがいるから岩場付近の流れがゆるいところは気をつけろ」とか
「熱中症が多いので注意」とかそういうことを書くべきだろうと思うのに
なぜかいつも爐舛腓づ学瓩澆燭い覆海判颪い舛磴Α幣弌法
結局知りたい大切なことは直接聞くことになり、
二度手間かけてくれてありがとう、このボードの意味ないじゃんってことになる。

でもそれがフランス。それが南仏。

時間や手間の無駄については世界トップレベルの大量生産国フランス
一方小さいときから徹底的に無駄を省くよう教育されて育つニホンジンには
「非生産的」は罪とさえ感じてしますので、
そんな場面にばかり出くわすと戸惑いは隠せない。
(実際はイラっとしてムカっと来ます(笑))

なのでそんな事態に備えて頭の中の通訳をこう変えましょう。
無駄な作業・無駄な言動 = ゆとりある環境・言動と。

ってことはニホンの「ゆとり教育」は「無駄な教育」つまり
本当は非生産的で無駄なことにも目を向け、
愛を持って見つめてみよう
ってことだったと思う。
それなのに実際は「効率的にゆとりもとろう!」みたいなことになってて、
まったくもって「ゆとりベタ」だと思った(笑)。

ダジュール・ルール
ダジュールに「無駄な時間」はなし。あるのは「ゆとり」だけ

 ↑
あなたのダジュールライフが素晴らしいものとなるために、
ダジュールに入る前3日間、寝る前に100回唱えましょう
そしてポチっと応援クリックお願いします → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

コートダジュールの本質とは?

ホテルベルりヴのテラスから(強風に荒れ狂う)海を見ていたら、
広告をはためかしたヘリが上空に1機。
夏の海辺にはぼ〜っと何もない空を眺めている人が多い上に
「なんだあれは?「って凝視してしまうので宣伝効果は抜群です。

それを写真に収めようとしたら激しくピンボケしました。
ピンボケにも程が、、、
ところが、出来た写真をみてびっくり。不思議と違和感がない。。。。
青一色の世界、何かを見ようとして見てるわけではなく見えている景色。
偶然にも「コートダジュール」のイメージそのもの
写真が撮れてしまいました。

要するにコートダジュールというものは
ぼ〜っと青いものを見てる状態
日常が夢うつつみたいな状態
視界や頭がクリアでない状態
これらをさす、「状態」のことなんだとわかりました。

そこでダジュール・ルール
コートダジュールとは地域を差す名前であると同時に
視界、意識、精神がピンボケした「状態」であること。
良く言えば脳の機能が完全にリラックスしちゃってる「状態」のことを指す。
ダジュールに来たならルールに従いダジュール脳に切り替えよ!



ついでに言えばそれらが「許されちゃってる状態」のこと!
ニホンゴにはもとからありますね?そう、「脳天気」です!わーい♪

ちょっと不憫に思った方は応援クリックをお願いします → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

ビーチに持っていくものそれは、、

やっぱり馴れ合いより、なんだか新鮮な関係の異性と過ごすほうが
海もより一層輝くような気がしませんか?
ビーチに持っていって楽しいのは浮き輪と今年の彼氏です。


ジュアンのようなリゾート地は行きづりのように見えて
実は毎年同じ顔ぶれ、、、ということが多いです。
季節労働者とて、毎夏同じスタッフ!みたいな。
だから、旅の恥はかき捨て!ってわけには行きませんので要注意!

フランスでは友達の奥さんに手は出しても
その娘さんに手をだすのはご法度だといわれています。
なんちゅー暗黙の了解じゃ!?
ルールを守って正しくヴァカンスを過ごしましょう。

ポチっとお願いしまーす →→ 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

「ない」ものの捉え方

日本からお煎餅やあられ、海苔など日本食材をたくさん贈っていただいて狂喜乱舞。
懐かしい美味しさに、つまみ食いが止まりません。

ところで日本食材にはたいてい入ってる「乾燥剤(除湿剤?)」。
その存在がと〜っても懐かしく愛らしく感じました。
個別包装してあるお煎餅にも入ってるあたりはさすがジャパニーズ!
完璧に完璧を重ねる用意周到さには頭が下がります。

フランスには「乾燥剤」というものはありません。
フランスの中では湿気の多いといわれるここコートダジュールでさえ、
シリアルのフタは開けっ放しでもいつもサクサク。
パンはきっちりビニール袋に入れておかないとすぐガチガチに。
(そのため乾燥を防ぐための布製のバケッド袋が存在していますが、
布で覆っていてもすぐカチコチに。)

ヨーロッパの空気の乾燥は半端ない。
なのに、パリパリした食感を楽しむことにそんなに執着していません。
反対になんでもすぐに湿気てしまう日本に限って
お煎餅や海苔、など「パリパリ感」にこだわる食材が
昔から愛されているのはミステリー。

人間って不思議、、、いやニホンジンって不思議です。
だってニホンジンはいつも、「ないもの」「できないもの」を
工夫して、開発して、「あるように」「できるように」してしまうのですから!

「乾燥剤」の存在がそうです。
もし日本とフランスの立場が逆なら「乾燥剤」の発明・開発以前に
「ここは湿気があるから、そういう食感のものは作れないし、作らないの。」
で終わると思います。

「ないもの」を必要と思うか、「ないものはない」でやり過ごすか
この意識の分岐点がニホンとフランスの全ての違いを生み出すのです。
ニホンジンがフランス(たぶんとりわけコートダジュール)で生きていく場合、
この切り替えボタンをオン(またはオフ)に出来るか否かで
異文化生活でのストレスがまるで変わってくると思います。
           なんにもないは全部ある?
ダジュール・ルール
「ないものはない」で受け流し「今あるものだけ」でやり過ごすのが
コートダジュールのライフスキル


短期旅行者の皆さんもそうですよ!このボタン、ぜひお使い下さい!
そしてこちらのボタンも、、、、応援ありがとう →人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

ダジュール・ルール

「○○しなきゃならない」「今日中に○○しないといけない」「○○でなきゃいけない」誰が取り締まってるのか知らないが、
でもそうゆう風に決まってるたくさんのルール。
ある人はそれを現代人の義務といい、
ある人はそれを世間体といい、
またある人は自己管理という。

ルールに従って生きるのは社会生活を送るものの義務。
ルールに従った方が他者との摩擦が少なく、逮捕されることもないし、
ルールに従って結果をだせば評価もされる。
だからいつの間にか自分の基準より頻繁に出てきて、
自分でもそちらを厳しく守ることを課すようになってしまう。

でも絶対に忘れたくないのは
このルール(基準)はここで生きるのに便利だから
使ってるに過ぎんないんだ
」という意識。
会社が変われば、地域が変われば、
国が変われば、時代が変われば、簡単にルールは変わるってことを
日常生活でつい忘れがちになる。
(こういうのを危機管理っていうのだろうか?)
ルールが変わるたびに自分まで変わってしまうんじゃ、
単なる「いい人」単なる「歯車」。

例えば私はコートダジュールに来たので「ダジュール・ルール」にのっとって
生活するのが無理がなく快適であると気がついた。
けど、働きすぎが悪徳かのような怠けルールには断固屈しない!し、
スイカにはどんなに驚かれようとも「塩」をかけるよ!(笑)

     今日も平和だす
現在の私のなかのダジュール・ルール:ジャパニーズ・ルールの割合は8:2。
ダジュール風味が過ぎますでしょうか??


ダジュール濃度上昇中!家の中に時計は1個だけしかありません〜! ポチりんぐ乞う→ 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(3) - -

SOLDのカンヌ

結局、ソルドは今月4日からでした。誤報してすみませんでした〜。
今日はカンヌに出てみたのですが、意外に静かでした。

フランスにいていつも思うことは
何事にもニホンのように牋豢暴乎罩瓩垢襪海箸呂覆ってこと。
ニホンのソルド(バーゲン)のすさまじさと思うと
戦闘体制でのぞまなきゃ!と思っちゃうけれど、フランスではそうでもない。
同じ年頃の女性同士でも、髪質、肌の色、体型がばらばらなので
必然的に似合うものが、似合う色が違ってきちゃうのがその理由だと思います。

例えば私になら胸の大きい人では着れない型の服が残ってたり(笑)、
貧弱な体型の人にこそ似合うような服が残ってたり、
アジア人が着た方が妙に説得力がある服があったりと
うまい具合に割り当てされてる様子。

だから取り合いもないし、似合わないものがあることを皆知ってて、
似合う人に譲るくらいの広い気持ちでいるところもある。
赤の他人の客同士で「あなたにこそそれは似合う」って会話もよくします。
そして自分より格段似合う人種が試着してるのを目の当たりにすると、
自分が無理してこれを着なくても他に自分にこそ似合うものがあるはずと
思えてくるものなのです。
(もっちろん人気のデザインは即日完売、
サイズは服もくつも「38」がやっぱりすぐになくなっちゃうので
ゆるい気持ちではいけませんが!)

ソルドも結果(戦利品を手に入れる)だけでなく、
過程も楽しむのがダジュール流なのかもね〜。
SOLDのカンヌ
カンヌ、庶民のブティック街・アンチーブ通り
右の女性はよく見ると水着にパレオです!

※水着で入店して来て、Tシャツ着て出てきちゃうツワモノもいると聞いたことがあります。
でも本当に怖いのはそれを100%悪意なく「うっかり」やっちゃう人もいること。
ゆるすぎです。日に焼きすぎで脳が溶けてるのでは?とつっこみたくなります。
ぽちっと応援お願いします → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -