スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

フランス労働ムービー 

「ロゼッタ」は99年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いたフランス映画。
主演のエミリー・デュケンヌも主演女優賞を受賞しました。

パルムドールをとるフランス映画は何気に少ないので、
フレンチ狂だった当時張り切って映画館に見に行ったような気がします。
でもその時にはまだわからなかった。
「仕事を得ることだけが人生の目標になってるような貧しい少女の物語」
この映画のどこがパルムドールをとる程のものなのか。
内容も主張も伝えたいことが何なのかよくわからなかった。

時が経ち、その時は考えても見なかったけど、私はフランスで働くようになっていた。
そしていつしか度々「ロゼッタ」のシーンを思い出すようになり、
「ロゼッタ」が感覚的によくわかるようになっていた。
どこがどうわかるようになったのかはものすごく説明しずらいのだけど、
同じ傷み、または目をそらしたい事実、を共感できるようになった気がします。
(無理やり説明すれば8月に「蛍の墓」を観る時のような感傷?)
日本で観て以来7年位は観てないわけだけど、
今改めて見たらどんな印象をもつのだろう?
原語版で観てみたいような、
痛すぎるから観たくないような複雑な気持ちになります。
日本で観た時には当時のプロモーションも含め、
まったくもって主題を取り違えていたと思います。

そしてやはりニホンのような豊かな国にいては
どうしたって理解できない話だったと思っています。
(今のニホンの労働状況は悲惨らしいけど)

それに対して文豪エミール・ゾラ原作、ジェラルド・パラデュー主演の炭鉱映画
「ジェルミナール]もフランスで働き始めてからよく思い出す映画のひとつ。
こちらはフランスの資本主義体系と貴族/労働階級の社会的構図などが
わかり安い話になっていますが、その端々に未だになんら変わってない
社会のひずみみたいなものが象徴的に表現されています。

下層の労働者階級は悲惨です。
最下層なら落ちるとこはもうないけど、
ただの下層階級では現状も地獄、その上今日生き残れなければ
最下層に落ちるかもしれないという恐怖を常に抱えていなければならないのですから。

私もCDI(無期限労働契約)が欲しい!!
付き合う男は絶対にCDIでないと嫌とか(笑)言ってます。
(ジャポネーズらしい発想↑で我ながら笑えます)

フランスできちんとヴィザ付きでお仕事されてるニホンジンの
ほとんどは優秀な方たちなのでこういう話はあまりされませんが、
フツーのダメなフランス人と同様にいつ路頭に迷うかわからない
CDD(期限付き労働契約)での労働をしている私にとって
「ロゼッタ」は他人事ではない話。

私のように計画性もなくフランスで仕事することを考えてる方は
まず「ロゼッタ」を観てみてください!
小麦粉の袋にしがみつくロゼッタに共感できるならGO!です。
      


コートダジュールには狷駝鵜畚侏茲襪茲Δ淵優奪肇フェはありませんが、インターネットが使えればそれなりの仕事にありつけます(まだそんなレベル)。カモンニート!カモンネットカフェ難民!コートダジュールでなら君は輝ける!ポチっと応援クリックお願いします → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(1) - -

フランスでの免許証について

日本の免許証がパリのフランス大使館から戻ってきました。
これで免許書関係の全ての手続きは終了です〜。

フランスでは日本の免許証の法定翻訳があれば運転できます
私はマルセイユ領事館のニース出張相談会の時に翻訳をお願いしました。
必要資料は事前に電話で丁寧に教えていただきました。
1週間かからないで郵送されてきて、あまりの速さにビックリしたのを覚えています


でも長期滞在でフランス以外の国にも行く可能性があるなら、
日本で国際免許証を取得して行くことをオススメします。
コートダジュールに住んでるスモーカーは
「タバコを買いに(安いから)イタリアへ」なんてことをしています。


注意すべきは滞在が1年を超える人
1年以内にフランスの免許証に書き換えないといけないこと。
入国1年を過ぎると、フランスでの書き換え権利は失効して、
フランスで新たにフランスの免許を取らなければいけません!

計画的な人生でいつまでフランス、いつからは日本と
きっちり予定が決まっている人は良いけれど
私のように、「帰るかもしれないし、居れるならいるし、
居れないなら帰らなきゃだし、いつまで居られるのかわかりませ〜ん」なんていう
予測不可な人生を送る人間には
書き換えタイミングは非常に難しいわけです。
(そういう人はたいてい「滞在許可証が出るのか出ないのか」の方が大問題だからたらーっ

しかし近年、日本大使館の働きで書き換えの際の日本の免許証は没収ではなく、
フランスの免許証管理機関から日本大使館へ送り戻され、
我々に戻ってくることになったのです。
(直接大使館窓口に取りに行くか、
4.62ユーロ分の(書留料)切手を貼った返信用封筒を送るだけ♪)

ということは滞在許可証のレセピセ(申請中証明書)をもらった時点で
とりあえずフランスの免許に書き換えてしまってOKということ。
その後すぐに日本に帰ることになっても
日本の免許は手元にあって帰国後すぐに運転できます。
もし手違いで戻ってこなくても、
日本で紛失のための再発行をすればいいだけ(この方が早い)。

やがて届くフランスの免許証はEU内どこでも通用する上に
生涯書き換えなしという便利アイテム。持ってれば一生使えます
(そのためくれぐれも写真は良く取れてるものを持っていきましょ〜)
こんな大きさ

ちなみに私のは「オートマ限定」だったんだけど、はっきり明記してないみたい。
運転状況についてはまた後日、、、、いろいろあってねムニョムニョ
こちらもぽちっとしてください→人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(1) - -

ロードオブザ 滞在許可証 更新編〜続き〜

滞在許可証への道を語る時、そのカテゴリーとしては
「フランス社会へのぼやき」に限りなく近い。
この記事はあくまでもニース県庁で手続きをする方対象になります。

今、ただただ「更新」するために1ヶ月以上もかかってる。
私の場合は「労働のための滞在許可証」なので
とにかくまずは勤め先との雇用契約書を持って「労働許可証」の申請。
ここでだいぶ(無駄に)時間をとられた。
(労働許可証の扱い窓口が一日30人しか受け付けず、徒労に終わること2〜3回)
あーだこーだと思い出すのも面倒なほど細かいやり取り、威嚇、説得、泣き落としの末、

2006年末に労働許可証が発行された。
が、その翌日であった12月29日からは県庁が休みだったので
今年に入ってからやっとこさっとこ「滞在許可証」の更新申請

1月の第一週目は
昼ごろ着いて並んでる途中に「受付終了」の立て看板が立てられ、
「間に合ってよかったね」などと話していたところ、
2時間以上並んだ末に「今日の受付はずいぶん前に締め切ったはずですが」と敗訴
第2週目は
開庁時間の9時に着いたのに「特別な理由により業務はお休み」の張り紙一枚で敗訴
第3週目は
一日目は9時45に着いて並んでいたのに10時前に
「今日は依頼者が多すぎるので、ココまで!」と警察官2人が威張って監視のため敗訴
そして2日目にやはり9時45ごろ着いて並んで、10時45に職員が「今日はココまで!」と立て看板を立てた内側に入れてやっと受付にたどり着いた

ただしここでいう受付って「各種窓口への番号札を発行する受付」ですから!
単なる番号札をもらうまで平均2時間。
この後また平均2時間待って、やっと担当窓口へたどり着くわけです。
(そしてそこで大抵「この書類がどうこうだから、、」と前回の担当者とぜんっぜん違うこと言われて再来庁するはめに)
例えば今日は10時前に県庁に着いて、
12時前に番号札をもらって、
15時前に担当窓口へたどり着き、
各種書類を提出し、5分で終〜了

いろんな意見があると思います。
私もこういう場でこう断言するのはどうかと思いますが、あえて言いたい。
フランスのなかでもコートダジュール、
そこに住む民間人の中でも公務員、
特にお役所系の方々の「バカの壁」は
世界最高峰、チョモランマよりも高く険しい。
そしてアホらしい!

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)

ロードオブザ 滞在許可証 〜更新〜

現在滞在許可証の更新中。
思えば2006年の一年間で正規の許可証をもてたのはたった3ヶ月間だった(泣)。
9ヶ月間は「申請中」の身分。
そのため社会保険の申請や運転免許の切り替えにも強気に出れなかった。

12月22日で滞在許可証の期限が切れたのだが、
皆一様に「切れてもその後3ヶ月間は大丈夫」って言うのだが本当?
ま、ここはフランス、というより北アフリカの一部であるコートダジュール。
なのでそういった「日づけ」にはアバウトでもうなずけるけど。
(その証拠に去年法定抄訳した戸籍抄本がなんの問題もなく有効だった。日本だったら発行後3ヶ月たつと無効になるのに。)

今回は更新なので初回よりだいぶ簡単。
簡単とは言えこの3週間で6回くらい県庁行ってる気がする。
なにせ外人受付の8番窓口に労働許可証をもって更新をお願いしたら、
「契約終了日時が記載されてないので発行できない。
その代わり、この2月29日までのバイト契約に関しては発行できます。」とのこと。
ちょっと待って!
たった2ヶ月間のために、この書類の山と55ユーロの証書を用意したんじゃないわよ!
だいたいそれじゃあ、あと1ヶ月後にはまた県庁通いじゃないの!

そう思っているのは私のパトロンヌも同じ。
また同じ書類を作りたくないので即効で
2008年1月までの正社員契約の契約書を作ってくれた。
それを持って県庁に行くも、現在8番窓口のキモイ責任者・マリオティーニは
休暇中で代わりに小柄なおばさん・サラベルが対応しているせいか、
一日30人しか受け付けてないの。
朝9時のオープンと同時に8番窓口の30人枠に入るためには遅くとも10時30までには行かないと無理。
このNEWルールのために無駄足を運んだこと2回(泣)。

すでにバイト用の2ヶ月間の労働許可証は発行されてしまったので、それを正社員の契約書で「差し替えて」もらう、という非常に難しい状態に。
ここは落ち着いて、情に訴えたり、時に逆切れしてプレッシャーをかけてみたり、、。
柔と剛を使い分けて揺さぶりをかけ、最後には
「あなたを。あなたを信頼してお返事を待ちます。あなたを。」と目ジカラ光線。
「これで駄目だと個人的に恨まれて狙われるかも。」と担当者に思わせるくらいの強いプレッシャーを目でかけておく。
組織対個人じゃ、どうしようもないフランスでは個人対個人戦にかけるしかない。

で、どうゆうわけか、年末だからか、わずか3日で労働許可証が発行された。
火曜日に目ジカラかけたものが木曜日にはオフィスへ。
ニホンにいる方にはピンとこないと思いますが、
この速さはコートダジュールでは尋常じゃありません。
人一人の命がかかったときにだけ発揮されるような異例の早さです。
どうやら県庁のサラベルは火曜当日に処理、郵送、したらしい。
やればできるんじゃん。

送られてきた労働許可証の期限はなぜか2007年11月までだったけど、この際問題なし。
これを手に年明けにまた県庁へ行って、「労働のための滞在許可証」を再申請するわけ。
ここでまた「でも期限が切れてます」とか「この間にどうこう」とか振り出しにもどった会話がされることは必須なの。
もうわかってるからいいけど、ほんとうに面倒くさいったらありゃしない。

滞在許可証が発行されたら日本の免許をフランスのそれに切り替えようと
同じニース県庁内の「運転免許係」をついでに尋ねたら、
「ジュアン−レ−パン居住者の免許切り替え手続きはグラースで」とのこと。
面倒くさい国、コートダジュールへようこそ。

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)

祝?滞在許可証ゲット

それはそれは長い苦難の道のりだった。
申請から約9ヶ月、先ほど「一時滞在許可証」を地元警察で受け取ってきた
正直もう、うれしくもなんともございません

今までが長すぎて、この9ヶ月の間にすっかりこの国(つかアルプ−マルティム県)のお役所仕事の怠慢さと非効率的なシステムにはうんざり。
9ヶ月間に3回も「レセピセ(申請中証明書)」を発行しといて、やっと手にしたカルト(許可証)の有効期限はあと3ヶ月!
あと2ヵ月後にはまた大嫌いなバカ県庁に再申請しに行かなきゃいけないじゃん!
もう〜県庁には行きたくないのよ、あそこに行くと(疲労で)3歳は老けるんで(笑)。
一度取ってしまえば後は申請、申請で初回よりは俄然簡単に手続きは済むとは聞いているけど、来年の大統領選挙後はどうなることか

そんなわけで本日の天気のように非常にテンション低い私。すいません。
次はカルト・ヴィタル(国民健康保険)の申請だ。
(これはもう12ヶ月前に申請済みなんだけどまだなのよ(泣))
こうして無駄に生きるエネルギーを取られるのでフランス人の平均寿命はニホンジンのそれより短いのかもね!

Posted by abcnt - comments(2) - trackbacks(0)

労働許可証ゲット

今週も週にたった一日の休みをニース県庁へ「滞在許可証」申請に行った。
もう8回目かな、、、10回目かな、、、?
とにかく何度も同じ書類を出させられたり、行く度に新たに「証明写真だせ」とか、もうほんとエネルギーの無駄、時間の無駄。
「はいどうぞ。7枚目の写真です♪」って言って渡してやった。

アルプ・マルティム県で働く日本人はみなあの県庁の8番窓口、ムッシューマリーニのところを訪れる定めだと思うけど、彼の趣味の悪いネックレスをみたらこっちの運まで落ちそうよ。気をつけて!

「何回やらせんじゃ!」って外人にしては逆ギレ気味に発行を迫ってやっとのことで「労働許可証」ゲット。
小さな小さな緑色の紙にマリーニ氏の汚い字で手書きで書かれたものに8ヶ月もかかってしまった。

それでも「滞在許可証」の方はまだ発行されてないのよ。
もう、ばかの国はこれだから嫌なんだよ、、、(泣)。
これが終わったら(許可証をゲットしたら)今度は「国民保険」の再申請。
よ〜!いちねんだよ!
一年もあったらお腹の子は生まれ、新生児は歩き出すって言うのに。
一年もどうやったら仕事をためておけるわけ?
理解不能だわ。
こんなこともできない国で「労働許可証」なんてこっちが笑っちゃうよ。
おまえこそ「労働許可証」を申請しろっつの!」といつか言ってやる〜。

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)

ニース県庁事件

事件ったって私的なこと、とりわけ私の精神をかき乱した事件ってだけのこと。まぁひとつ苦労話を聞いてくれ、、、。

ことの起こりは18日、もう6回目になろう滞在許可証をもらうための県庁詣で。
先週、「滞在許可証申請中」という身分を示す「レセピセ」の有効期限の延長を申し出かたがた、イッタイゼンタイ手続きは進んでいるのか確認に県庁に出向いていた。

ガイコクジン専用窓口で番号札をもらうためにいつものように一時間半ほど列にならび、ようやくたどり着いた「窓口振り分けカウンター」で資料探しに30分は待たされた上で「あなたの申請資料はすべて揃っていますが、、、雇い主が直接ここに来てませんね。後は雇い主本人の来庁だけです。」と言われた。
私の雇い主は県庁に知り合いがいてその人のツテで来庁しなくていい手続きを踏んだはず。
なので雇い主にケータイから電話してその受付のマダムに直接説明してもらった。
その時も「あなたが直接来る、それだけが足りません。」と言っていたはず。

次週にあたるおとといの18日、私は番号札の列に並ぶため朝7時前には起きて8時には家をでた。
しかしここはコートダジュール。
電車がなかなか出発しなかったり、乗り継ぎのバスの接続に異様に時間がかかって(よくある事でもう驚かないが)順調に行けば1時間以内でたどり着ける県庁に1時間半かかって到着、間の悪いことに雇い主が先に到着してるではないか。

さらに悪いことに6回目の私でさえ見たことないくらいの最長の列。
こりゃあ、カウンターまで2時間かかるねと体験からすぐにわかった。
そして10時20分からひたすら並んで3時間、13時15分ごろやっと番号札をもらった。
その札をくれた白髪のショートヘアのマダムは先週と同じ人で「あ、あなたのことは覚えてるわ、内容はさすがによく覚えてないけど、、、。パトロンは?あ、これから呼ぶ?わかりました。では8番窓口で。」と言った。

雇い主と彼の一人息子、すなわち彼と彼ママと合流して3人で今度は8番窓口の順番をひたすら待つ。
約30分程して通された8番窓口のおっさんがこれまたクセものだった。
とにかく自分の仕事の範疇しかしない。
しかもアナログ作業!
21世紀だというのに自分のノートに書いた手書きの名前をひとつひとつ定規でたどって探してる!
どうりで8番窓口がやけに遅いなと思ったわけだ。
探すのに時間かかった上に、自分の手元に必要書類が来てないから許可できないときた。
書類は先週受付のおばさんが裏から出してきたのを見たからそこにある!っていくら言っても「そこは私の仕事の範疇じゃないから」の一点張り
「おばさんとこ行って来るからちょっと待ってろ!」とおばさんのとこに行くとこんどはおばさんが「それは私の仕事じゃないから」。
自分で探すから中に入れろっつのむかっ
というより自分で処理するからお前らもう帰れって感じにイラつかされたね。
ちょっと目を離したすきに「就業時間だから帰ります」って鍵の閉まった裏手に入られちゃって、さすがに彼が「こうこうこういうわけであのおばさんを出せ」って言ってくれて捕まえることができた。
先週私に「あとはパトロンヌの参庁のみ」と言ったのとは別のおばさんだったけど私のファイルを探させ、書類を出させたら先週挟まってたはずの書類がない!
で、案の定「この書類がないとダメ」と言う。
でももうずいぶん前に送ってるし、先週見たんだけど「今、ここになければ私は何もできない」そうで、じゃあもう歯磨いて寝ろ!こんにゃろ!怒りマークって具合に終わった。

しかも8番窓口へは長―い列に並ばなくてもいい方法があったらしく、じゃあそう大きく書いて掲示しとけ!と要領のわるい対応にイライラ。

イライラしてるのは私だけでなく私のパトロンヌも彼も同様。
彼のイライラは私にぶつけられ「お前がフランス語よくわかってればこんなに待たずにすんで、今頃ニースで楽しく買いものしてるのに!」と言ってきた。
なんだと!8番窓口かどうかはあのカウンターに行くまでわからないのに何を言う?だいたいお前は並んでないだろ!車も免許もなくてママの車で来た役立たずのクセに何を言い出すか!って普段なら言い返すけど、彼ママの手前それもできず、すべての不満を飲み込んだ。

だいたい今やフランス、特にコートダジュールで働きたいとは微塵も思っていないのでこの許可証自体大して欲しいとも必要!とも思っていない。
そんなものに今まで何時間、(正確には2005年12月中旬から待ってます)無駄な時間をすごしたか
アホフランスジンに散々搾取された時間を思うと本当に悔しい悲しい

敵もアホなら味方だと思っていた彼までアホだった事(笑)に呆然自失となりその後は急性ウツ病状態に。
ほんとーに何にもする気にならなくて脳が完全停止状態。
なにか考えるととたんに悔し涙が流れる。
何に対しての悔し泣き?その答えがでてこない。
多分自分の人生すべてにたいしての漠然とした後悔の涙あせあせだね。
今までの数々のフランスに憧れてた頃の思い出がスローな走馬灯のようによみがえり(笑)、そのすべてに対して今回裏切られた悔恨の念、、、。
私の20代のすべてを「フレンチ」にかけてきたのに、そのフランスはこんなにアホだったなんて〜。私の青春を返して〜!

もう何にもする気にならなくて、何もかもどうでもよくなって翌日の会社は休むと決めて夜中の12時にホテルのコンシェルジュに「具合悪くて明日休むから、よろしく言っといて、、、」と伝言し(こういう時、職場がホテルって便利かも)爆睡した。
目が覚めたらまともな国の住人になってますようにと祈りながら

サボり休み明け、同僚に「なんか私、すっかりやる気をなくしたわ」と言ったら、「やっと一人前のフランスジンになったじゃ〜ん」だって!
だからフランスジンは嫌いなんじゃ。
なんなら国境に「アホの国へようこそ」と書いておいて欲しい。

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)

La Formation Civique市民教育にいってきたよ

滞在許可証獲得者の義務とされているフォルマシオン・シビックに行ってきた。
移民・外国人受け入れ国際機関ANAEIに呼び出され、「必ず出席するように!欠席、遅刻は滞在許可証の発行に影響します」って書いてあるから眠いのに必死で行ったよ。
ニース県庁とは違う建物でフランスのやることには珍しく事前に地図まで渡されていた。(ガイジン用の研修会だから?)
公民館みたいな建物にガイジンばっかりがひしめくのか、、すごい光景になりそう、、、そんな事を考えながら地図どうりに進んでいくとまさかの掘っ立て小屋が

フランスに来て良かったかもと思う時、それは30過ぎても心の底から驚く事が日常的に起こるから。
日本にいたら30年も生きればあとは日常、当たり前の生活がだいたい予想どうりに毎日繰り返されて、腹から声が出るほど驚くことってあんまりなく過ぎていく。
でもフランスもコートダジュールなんかに来ちゃうとどうよ、一人で「えぇぇぇ〜っ???」って声に出して驚くことばかりよ

そんなわけで多摩市民館(川崎市)くらいの建物を想像していた私の前に現れたのは4棟の木造1階建ての小屋の一つに「FORMATION CIVIQUE」と30年位前に書かれたの?というような看板。
いまどき日本ではないよこんな小屋。
普段はダンス教室やさまざまなパーティーや会合に使ってるみたいでそれはそれでよくあること。
でも今回はニース県庁が外国人を集めて行う講習会だよ。
ニースって単なる地方都市。
地方なうえに天気がよすぎてみんな頭の中のねじ抜けちゃってるのよね、、。

「何これ?養鶏所?この中で私、何されちゃうの?」と怯えつつ出席をとると「あっちの棟にコーヒーなんかを用意してあるからそこで待っててください」だって。
日本では当然のこんなサービスもフランスではありえないこと。
理論上、外国人が始めて触れるフランスの公共機関なので「フランスって寛大で親切でしょ?」と思わせたいのがみえみえな予算が組まれているのです。
コーヒー、紅茶にビスケットまで(普段のフランスとは180度違う!)用意された小部屋で全員が揃うのを待つ。

そうしてアフリカ系、ヨーロッパ系、ロシア人2名、中国人1名に日本人の私の総勢22人が始めに自己紹介。
入国して3ヶ月の人から34年の人まで(←一体今までどうしてて、何で今?って感じだ)喋れる人からそうでない人まで千差万別。
そんな22人で四角く机を囲み、紙とボールペンを渡されて講義開始。
フランスの国土面積、人口、国旗やシンボルマークの説明、歴史、市民の権利、行政システムなんかを英語の通訳を交えてざっと説明。
なんてったって9時から16時までこんな話で眠いったらありゃしない。

途中でお昼が支給されることは知らされてたんだけど、サンドイッチ程度を想像してたら、ちゃんとレストランでムニュだったの。
といっても市場の中のブラッセリーだけど、前菜のサラダにメインはチキンとお米のクリーム煮、デザートにコーンアイス!コーヒーまでついたの!!
しつこいようだけど、フランスではこんなのありえないから!!
外国人同士でも「すっごい、めずらしい。(フランスがこんなことするなんて!)」って目をあわせつつなんか笑っちゃってた。

最後に「参加しました」って証明書をもらって解散。
でも私、まだ滞在許可証もらってないの。
私以外はみんなもう持ってるっていうのに。
私の場合もう5ヶ月待ってるのだが、ちょっと正式なルートでなく申請してるので待つしかないのよね、、、。
許可証が取れたらそのあたりは詳しく報告しますね。

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)