スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

チップの渡し方 クレジットカード払い編

旅行者でもそうでなくても、レストランでの飲食代はたいていカードで払いますよね。
その時にチップはどうしてますか?

よくマナー本には「勘定書きに爛船奪廝隠亜鶚瓩判颪とスマート」なんて
書いてありますけど、スマートなのはお客様だけで
いただくほうとしてはあまりうれしからざる方法なのであります。

「何でっ!?現金はくちゃくちゃの5ユーロ札しかないし、
食事代の10%のほうが明らかにチップの金額だって高いでしょ?
なのになんでうれしくないのさ?」って声が聞こえてきそうです。

これには深ーいフランスならではの事情が幾重にも絡んで参りますが、
お聞きおただけますでしょうか?
結論のみを知りたい方は下の一文だけを読んで終了してください。

クレジットカード払い時のチップの渡し方・結論
カードのサインの後、立ち去る前にテーブルに10%相当の現金を置いていく。


どうしてかというと、それがもらう方にもあげる方にも一番確実だからです。

例えばレストランでの理想的かつ一般的な会計の流れはこうです。
1 「ラディシオン!」と告げる
2 会計係が合計金額を出してウエイターまたは会計係が勘定書きをテーブルへ。
3 どんなお金持ちでも注文内容と金額はチェック(これ本当です)
4 カードで払う旨を伝えると
5 店員がカードの読み取り機を持ってきて、
その場で合計金額を入力、カードを差込み、
客にコードを入力してもらう or レシートが出てくるのを待ってサインする
6 席をたってお帰りになり、片付け担当のぺーぺーがテーブルの上にチップを見つける

それを5のあたりで「勘定に10%チップを」なんて言われると、
計算機もなく10%上乗せした金額を暗算して入力できるわけもなく、うろたえます

問題はそれだけじゃなくて、その10%はどこへ行ってしまうかです。

そもそもそのチップを誰にあげるつもりなのかを意識しなくてはなりません。
日本人がチップ下手なのはここを意識せず
「チップ渡すってガイドブックに書いてあるから」と
別払いのお勘定みたいな感覚でいることが原因です。
テーブルに残すチップは安い給料で働いてる給仕達へのねぎらいのはず。
支配人など上の人達には別の名目(良い席を取ってくれたとか、こないだの女性の件はしゃべるなとか、、、)でちゃんとチップが渡されてるのですし、
オーナーは売り上げからきちんと収入を得ています。
なのにカードにチップをつけられてしまうと、
その10%は「その日の店の売り上げ」に計上されてしまうのです。

「その日の売り上げ」はそのレストランなりホテルなりの経理部が管理しますので、
10%は経理部の管轄に。

こうなるとその10%が現金化されて給仕達に還元されるのはいつになるやら?
というより現金化されるかどうかも藪の中へ。
仮にものすごい律儀で親切で従業員第一主義の熱血オーナー
(つまりそんな人はいません)が10%を現金化してくれたとしても
その日給仕したスタッフに行きわたる可能性は極めて少なく、
たいていは受け取った「給仕長」なり「なんとか長」がネコババです。

しかもカード払いってことはその10%の中からも
カード会社にコミッションがいくのではないでしょうか?!

ですから慣れてる人はレストランへ食事に行く前
相当する額のチップ用の現金をあらかじめ用意
しています。
チップをいただく側としてはこのやり方がベスト。
チップをあげる側だって、喜んでほしいからあげるのだからこのやり方がベスト。

やっぱりチップは現金が一番♪♪(その国の通貨でね!)


私はよくご馳走されるので「せめて私に払わせてください」(本当か?)と
5、10、20ユーロ札を携えて行きますが、それが全財産ってこともよくあります。
ごちです。

応援クリックをポチっとひと押しお願いします → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

カフェでのチップについて

私はこちらに来て間もない頃、ニース在住の長い日本人の方に、
「カフェくらいで払わなくていい。だってあなたお金持ちじゃないでしょ?」と
言われ、それからカフェなどでさりげなくフランス人や観光客をチェックしました。
それまでは義務のように当然1ユーロ前後をあげていたと思います。

するとやっぱりチップを払うのは外国人観光客、お金持ちのバカンス客
われわれ庶民は50サンチームだすか出さないか程度(出さない人が多い)。
よく考えたら常連はチップ出さなくても頻度でその店に貢献してるから、
1年トータルでその店に落としていってるお金は同じ位かもしれません。

そこを押さえると、今の自分の立場から、払うべき金額も見えてきます。
例えば長期滞在の初日でその後もそのカフェに通いそうなら
1〜2ユーロを規則的に。
逆にもう来ない町のもう来ないカフェで、気分よくお茶できたのなら、
ちょっとばかりチップ弾んでもいいような気がします。

私自身、カフェサービスをしてるのでチップを頂く側からずばり言うと
1ユーロ以下のコインはいらないし、
(それ以下の小銭ならここではなく、道端にいる人にあげてくれ)
あえていうなら、お金持ち(多くは不労所得者)からがっつり頂くから、
そんなに裕福じゃない人は無理しなくていいよ、、ってところです。

カフェを運んできたり、下げたりするのは彼らの仕事。
彼らがサービスで肩もんでくれたり、足指圧してくれるわけでもなく、
当然の仕事をミニマムにしてるだけで、
その当然のサービスに「チップどうしようか?」なんて悩む必要ありません

私は基本的にカフェではチップなし。
払うとしたら、、例えばその辺で指を切って血が出てて、
それを洗わせてもらって、絆創膏までもらったのなら、
もちろんお礼と共にチップも残します。(それでも2ユーロだな)
そのくらいしてもらったのなら当然払う。
けれど、コーヒー持ってきてくれて、
「ナニ人?」「へー!」みたいな会話をした程度では別に払いません。
(もちろんありあまる程の所得があれば話は別!)

ちなみに私の相方は絶対チップあげる派。
気持ちよくないサービスを受けてもそれをチップに反映させるようなことはなく、
それでもチップ置いていくので、「えらいなー」と思います。
彼のおごりの時は私がチップを、私がご馳走する日は彼がチップを払う、
そんなふうにしていますが、「チップを払う」気持ち自体は彼のもの。

とにかく「カフェでは2%くらいが相場だから、、」なんて
義務的な考えでチップを払うなんてナンセンスだと思います。

チップの金額よりも席を立つ時に「ありがと」や「さよなら」を
にこやかに言って去っていく方がよほど重要だし、
事実(締まり屋の多い)フランス人の多くはこの作戦を使っています(笑)。
ウエイター側も嬉しいものです。

サービスも愛想も悪いうえにまずいカフェ出されたのに
へらへら笑ってチップを置いて去ってゆく、
このチップとニホンジンほど意味不明なものはありません

ジュアン街中
↑ジュアンの中心地にある老舗カフェ クリスタル。
昔の白黒写真にも載っているほど昔からあるジュアンのシンボルカフェ。
そんなにおしゃれとは思わないけど、マンウオッチングするには最適の立地。




これも決して断りませんとも!→人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気ブログランキング   

Posted by abcnt - comments(2) - -

チップの渡し方・練習編

ホテルの常連さま達は本当に上手にチップを渡すものです。

それはたいていあったかいハートのこもったチップで
渡し方もそれぞれチャーミング。
ウインクを付ける付けない。
何かお礼の言葉(ねぎらいって言うんですが)を付ける、付けない。
そのあたりは人それぞれで結構。

ただ1つ、チップを渡す実技には以下のような共通点が。

1・お年寄りでもビックリするほどすばやい動作で渡す。
1・小さく折りたたんで手のひらに隠し渡す。
1・どうしても渡そうと工夫して相手に届ける。
1・その行為自体(渡せるかどうか)が楽しいフシもある。

これって何か思い出しませんか?
そう、中学の時(ケータイがなかった時代です)に、
授業中の教室で遠くの友人にまで手紙を回したアレです!

どうしてもこの事を今あの子に言いたい!という強い思いが
ばれると手紙を読み上げられるリスクも恐れず、
どんなに席が遠かろうが、
どんなに間に協力的でなさそうなクラスメイトがいようが、
関係なく私達を手紙回しへと駆り立てました。
小さく畳んだ手紙を手から手へ回した、
あの技術と情熱が海外でのチップ渡しの際に甦るのです!

さぁ、来るGWの海外旅行の前に「チップ渡し」の練習をしましょう!
自主練です。ある意味影練です。

どうしても渡したい手紙を絶対ばれないように渡すためには
小さく小さく折って、一瞬で相手の手の中に。
さぁ、同行者と一緒にリレーのバトンタッチ状態で
何度も「ぱっ」と渡す練習を開始してください!

合コンで気に入った人に連絡先を渡すイメージを使うのもいいかも知れません。

チップの基本はコイン、でもこのゲームにはやはりお札です!
気に入った人には5ユーロ、10ユーロ、100ユーロでもありです。
(私個人あてには最高で20ユーロですが)
最近は私も「あ、困ります」って顔しつつも
「でも嫌いじゃないです。」って何も言わずに伝えることが
できるようになりましたキスマーク


Posted by abcnt - comments(0) - -

実例・チップの渡し方

お金持ちって、、、お金持ちって、、、。
本当に自分の確固たる価値観に従ってお金を使うのね。
本日お帰りになったイギリス人のご夫婦の実例。

5日間ほど滞在されていたので毎朝(朝は私しかいないので)、
お2人がビュッフェのあるダイニングに降りてくるや
「オハヨウゴザイマス。お紅茶ですね、すぐお持ちします。」と対応していた。
その他は申し訳ないほど特別なサービスはしてなかった。

そして旅立ちの本日もいつものように紅茶を運び、
その後は忙しさの中で「メルシー」もいえないままにいつの間にか席を立たれていた。

私の仕事は「朝食のみ」とは名ばかりで、
11時の朝食ビュッフェの撤去からバックオフィスでのかたづけ、
レジ閉め、会計あわせから翌日の食材、備品調達、、等を全部一人でやったあと、
客室ミニバーの点検・補充やVIPのウエルカムドリンクのセッティングなど、
「朝食」とは関係ない仕事が金魚のフンみたいに際限なく続く。

とりわけ今日は夏時間になったせいか、
レジのシステムがおかしくなり時間をとられてしまった。
(「日曜日」なのでシステム担当者はお休み。こういう場合も月曜日をひたすら待ちます(笑)。ニホンではありえない。)
そのため、ミニバーの補充に客室に向かうのが大幅に遅れて13時頃になってしまった。
するとちょうど先の老夫婦がお部屋から出てきてお帰りになるところに出くわした。
「メルシーボク。オールボワール。ボンボワイヤージュ。」と笑顔で見送った。

実はこのご夫婦はしっかりスーパーでお水のペットボトル(しかもノンブランドの)を
調達しておりミニバーには手をつけていなかった。
「一番高いランクのお部屋で長めの滞在。でもお水はきちっと用意か、、、。
本当にお金持ちって経済観念がしっかりしてるな、、」と密かに感心していた。
(確か初日に「このホテルの朝食はどんな内容でいくらなの?」と確認されたのを思い出した)

そんなこんなでミニバーの後もいろんな業務が14時まで続き、
レセプションに出入りしていたところ、先のご夫婦とまたすれ違った。
そのときご婦人が「ア!あなたに渡したいものがあるのよ」と同時に
Gジャンのポケットからパッと20ユーロ札をくれた。
もちろんポッケから手の中に小さく収めて、すばやく私の手の中に。
用意してたの?
それともマジシャン?
その手さばきがあまりに早くて、あまりに用意周到で、
そしてあまりにいつもチップをもらうようなタイミングじゃなかったので、
それより何より自分がたいしたサービスをしてなかったので「えぇぇ?!」ってビックリ
ミニバーのペットボトルを節約するようなご婦人が、私に20ユーロのチップ、、、。
ケチと節約の違いをこうもはっきりと教えてくれるとは、、、。

お金持ちって本当にお金の使い方が上手です。
そしてチップの渡し方も上手です。
彼らはいつも自分の価値観、哲学に従った金額を彼らのタイミングで渡す。
そんな彼らのチップは暖かくて激励や感謝の気持ちがビシバシ伝わってくるのです。
こういう渡され方はたびたびあって、
ずっと私に渡したいなぁと思っててくれてたのかなぁ?と
思わせてくれること自体がすっごくうれしいと思いません?

こういうステキなチップの渡し方って「美マダム道」にも通じると思います。






Posted by abcnt - comments(2) - -

チップの上手な渡し方・3

チップの達人になるには金額、タイミング以外にも習得すべきコツがる。
それは場合に応じた「渡し方」。

ここのスタッフ全員で分けて!って場合はおおぴらに札をだし、直接渡すその店員以外の店員数人にも聞こえるように。
そうでないとせっかくの気持ちがその直接渡された人のポッケに消えてしまう可能性が高いから。
責任者に渡しても彼のポッケに消えることもしばしば、、。いや、90%だね。
だかこの場合のポイントはその店員以外にも証人を立てておくこと。
そこまでしても「その数人」のみで山分けされてしまうことも多いけど、、、。

それとは逆にこの人のサービスが気に入ってこの人にだけ渡したい!って時
誰も見てないのを確認してその店員のポッケにチップを入れちゃう。
またはさっと手のひらに滑り込ませ、ウインクしながら約1秒で気持ちを伝える。「君だけに」って
従業員にとって他人がチップを貰ってるっていうのは結構目につく(笑)。
やはり「間」が普段のサービスと違うから、遠目にでもわかっちゃうものなんだよね〜。
フランスジンの上司の場合、たいていはフェアじゃないのでそれを見てて後で「さっきの出せ」とか出さなきゃ出さないで「あいつはネコババした」くらいのこと平気で言うのでこれも難易度は高い。
ちょうど、動物園のサル山であなたが「あの小猿にあげたくて」投げ入れるバナナをボス猿がことごとく取っちゃうのと同じ現象


要するに、チップの達人に域に入らないと自分の表現したい気持ちと金額、「ありがとう」を伝えたい人、が自分の思うようには行かないのだ。
なんだか余計チップが難しく思えてきちゃったかな?
大丈夫!
チップ初心者はとにかく「ありがとう」を言うことから始めてみて
ちょっとしたことにも「ありがとう」、そうするうちにもっと一歩踏み込んだ「ありがとう」を言いたくなる時、言いたくなるスタッフが現れるから。
そんな「ありがとう」の余分をチップに託す
はっきり言って金額なんてどうでもいいの。
その日あなたが2ユーロしか持ってなければそれでいいし、20ユーロあって自分がそれを手放してもいいならそれでよし。
手持ちのお金があるないに関わらず、まず「ありがとう!」これが大切

よくニホンジン団体ツアーでこの時とこの時には「チップは2ユーロ」払いましょう、なんてマニュアル化されてるけど、絶対ヘン。
だいたい「払う」って表現がまちがっとるよ。
チップは「渡す」もの。
もっと言えば「託す」もの。
何を?「サンキューの気持ち」以外あり得ない。

そしてここはニホンではないので通常個人は個人のことしかしないの。
それをあなたのために何かしたんだから、ニホンでは当たり前のようにしてくれることでも全て「サンキュー」に値する行為。
外国では「サンキュー」慣れして「これは!」と思う行為には惜しみなくチップを。
そうでなければ言葉で「あなたが○○してくれて助かった、ありがとう」と言ってください。(できればディレクターとかオーナーとかにも直接(笑)

「義務感」から払わないこと。
外国の紙幣は使わないこと(笑)。
折り紙の鶴とかつけないこと(爆)。

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)

ドルはやめて、、

チップってつい用意し忘れちゃうよね。。。
分かります。
でも気持ちだけでも受け取ってほしいって時、あるよね。。。
分かっています。

でも、でも、でも。
ここはフランス、ダラーをもらっても両替するのに手数料かかっちゃうのよ!
サービスが気に入ってくれて「あなた、いいわ♪」と言って即座に5ドルくれたマダム。
「ありがとう」って2ドルくれたムッシュー。
でも、私、いまや1ドル何円かも1ドル何ユーロかも知りません。

だから皆さんも、ヨーロッパを旅するときはフィルムケースに2〜3本は2ユーロ、1ユーロを用意しときましょ〜
タクシーで、レストランで、ホテルで、、、。
2ユーロコインがチップには一番便利
さっと相手の手に収まって彼らの仕事の邪魔にならず、高からず、安からず、ちょっとしたものなら買える(笑)。
そもそもチップのことをフランスでは「プールヴォワール」直訳で「一杯飲むための」という意味。
つまりカフェでコーヒー一杯、ビール一杯飲める金額。
今、ジュアンのカフェ相場は高級ホテルで5ユーロ、高いカフェで2ユーロ、安いカフェで1.4ユーロ。
ね?2ユーロなら相場でしょ?
以前50サンチームいただいて「これじゃ社食のカフェさえも飲めないよ」と同僚と苦笑いしたなぁ、、(笑)。
金額はもとより、フランスでドル札いただいてもやっぱりコーヒーは飲めませんのであしからず!

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)

チップの上手な渡し方

今朝はよくチップをもらったわ、、、うししイヒヒ
それも特別にの『私のサービス』に対するチップをね
なんでもいいから渡されるチップ、誰でもいいから渡されるチップと違って、「私がしたこのサービスに対していただくチップ」は何よりうれしい。

ニホンジンの私のサービスは非常に細かくて、された本人さえも気付かないくらいにもう「誤差」の域(笑)。
あれ?気がつかなかったけどいつの間にか片付いてる、いつの間にか届けられてる、探す前に差し出されてる、、、、次の次まで察してサービスすることってニホンジンならわりと誰でもできるんだけど(笑)コートダジュールのような田舎では特殊な職業の中でもプロ意識の高い人にしか備わってない能力みたい。
私がほぼ『くのいち』状態でさささっとサービスしていることに、多分同僚は気付いてない。(それどころかいつも「あのテーブル、片付けて」って言うまで気付かない)

でもお客様はそんな細かいサービスがうれしいらしくて(察するにいっつもフランスではサービスががさつってことに耐えてたんだと思う)チェックアウトの後にわざわざ戻ってきて直接私にチップを渡してくれる方も多い。
私はいつも忙しく働きまくってるのでトレーで両手がふさがっているとウインクしながらポッケに突っ込んでいってくれたり、、、。
テーブルの上に置いてゆくチップでは「彼女」の元に届かない、「彼女に」渡したいって気持ちがすごくはっきりわかってとってもうれしい
そういうチップって「どうもありがとう、おかげですばらしい滞在になったよ、がんばってね」って気持ちがあふれんばかりに詰まってる

思うにお金持ちの人って感謝の気持ちを表現するのが上手だと思う。
そういう意味でお金の使い方がとっても上手だとも思う。
「チップを渡す」という行為は決して「お金を渡す」ことじゃない。
あなたのサービスのおかげで「うれしかった」ということを伝えるための手段
だから彼らはうれしそうにチップを渡すし、それを喜んで受け取るとまた喜ぶ。
行き交うのはお金であってお金じゃない
そのことをお金持ちたちはよく知っていて、私は最近やっと肌で感じ取れるようになった。

だからみんなも海外旅行の際、チップを渡すときは直接本人に
日本語で「ありがとう」って言いながら本人に渡せばきっと気持ちは通じる。
でもしすぎはかえって逆効果。(加減が難しい?ひやひや
多すぎても「あ、この人、ちゃんとサービス評価してないな」ってわかるもの。
フツーのことなら1〜2ユーロ硬貨
「あなたのサービスが大変気に入った」のなら5ユーロ札
「ホントにどうもありがとう!」なら10ユーロ札
そしてもし50サンチーム硬貨しか手元になかったら、、、あげないほうがいいかも。
1ユーロ硬貨以下のコインはどうしても「邪魔で置いていった」感があるし、はっきり言って「50サンチームじゃ社食のコカコーラも買えないんで」っていいたくなる(笑)。

とにかくチップはお客様と従業員の間で交わされる言葉を使わない会話
言葉をいっぱいかチップをたびたびか、、、とにかく感謝の気持ちを表す機会と手段をふんだんに持っていることがお金持ちの共通点お金
チップ渡し上手になるにはたっぷりの小銭とともに日ごろから「ありがとう」言い上手になっておく必要があるみたいよ。

Posted by abcnt - comments(0) - trackbacks(0)