スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

秋のコートダジュールで思うこと

2008年の秋は2007年よりもずいぶん涼しいらしく、
10月半ばの現在でもうすでにマフラーや皮ジャンの姿を見かけます。
世界中がもう秋なのかと思っていたけれど(笑)、
コートダジュールではまだまだ「夏の終わり」です。

どのくらい「夏の終わり」かというとこのくらいです↓。
1

みんな水着でビーチにおりますが、
この光の薄さ、ビーチのガラガラ加減、、これは地元民にとっては完全に“終わった”状態。
季節労働者たちは冬のスキーリゾートへ移動して次の仕事を探すか、
失業保険でどこにバカンスに行こうかと気もそぞろ。
地元民にとっては刺激のない毎日が続く、越冬期(オフシーズン)へのプレリュードであります。

2 

だいぶとろ〜んとしてるやさしい太陽。
日本人の女性が抵抗なく日光浴できる限界位の紫外線量がこの時期だと思います。
10月ならホテルもレストランもまだどこも営業しているし、宿泊料金が安くなり、
レストランも混み過ぎることがないので観光には非常にお得なシーズン。
(この時期を過ぎると7割くらいレストランがしまり、ホテルも小さいところは閉まる)

4

ただしもう海水はそんなに暖かくないです。泳げなくはないのですが。
「西洋人は基礎体温が高い」そう信じて疑わない私。
その確信は高まる一方です、、、、。

3

秋、、、。
静かに海のそばで過ごすひと時、、、。
これが日常のひとコマである贅沢。

なのにお金はまったくかかってないところがスゴイです。

ジュアン・レ・パンでの庶民の生活を体験すると、
お金で買えるものへの評価が低くなっていきます。
高価なものにはそれなりの価値がある、安価なものにもそれなりの価値がある。

でも買えないけれど無料なものもあるんだなーってジュアンに来て気がつきました。
すばらしい価値のあるもので、なのに誰にでも無料で与えられているものが。
それを与えられ続けると、なにかをどこかに返さずにはいられない、、。
困った人がいればできる範囲の親切をすっとできる人が多いのも納得です。

豊かな気持ちが満ちてくるダジュールライフ。
あんなに不便なのに豊かさに溢れてるなんて、トーキョーと真逆ですね(笑)。

“便利さ“と“心豊かな生活”の両立はなかなかムズカシイと思う秋の夕暮れ。



Posted by abcnt - comments(0) - -

夏のおもひで

すがすがしい朝、、、。
といってもほぼ毎日清々しく、爽やかで美しい朝なのがコートダジュールのいいところ。

この日もきらめく秋の光に誘われるままに
キャップドアンチーブ(アンチーブ岬)をジュアンレパン側からお散歩。


平和な朝


奥に見える白いヴィラは「ヴィラ ドウジュルドゥイ」(カタカナで書くとすごいものがありますね
“明日の館”とでも申しましょうか?
アールデコ全盛期のおしゃれなヴィラで
コートダジュール建築のビジュアル本にもよく登場し、
アンチーブ岬のシンボル的なヴィラのひとつでもあります。

このヴィラの前の道はかなり狭いので行きかう車に気をつけながら進むと
ナポレオン美術館の手前に夏だけオープンするビーチレストランがあります。
道路からは絶対に見えないところにあるので穴場的存在。


今日はそこのビーチの値段メモです。
マトラ(マットレス)といってもビーチチェアーのことなのでご安心を)に
パラソルで1日20ユーロ。
当時は3300円、今日なら2800円位でしょうか?

値段

映画より高い、ランチより高い、、、etc?
いろんな価値観はありましょうが、私は高くないと思います。
なんたってプライベートビーチは総合エンターテイメント。
寝て泳いで本読んで雑誌眺めて、考え事したりしなかったり、
おいしいもの食べたり、男性なら水着の女性を眺める楽しみも。
それになにより出会いがある。
男女の、、というより同じところが好きで集まった人間同士の出会いがおもしろい。
もちろんひとりになりたい時はそっとしてもらえるし。

コートダジュールのプライベートビーチは気軽でおしゃれ。
気取りすぎることも逆に磯の香りがしすぎるようなこともない。
もうどこも終了してしまったけど、来年4月ごろまた会おう!




Posted by abcnt - comments(0) - -

ダジュールで秋の訪れを感じるとき

9月はまだまだ毎日水着でいい季節。
町にも空にも夏のパーっとした勢いはないものの、
日差しが弱まってかえってゆっくりしっとりビーチで日光浴ができる感じ。
「水着だけでは肌寒い時もあるから
お腹にかけるタオルかパーカーでも持っていこう、、、
そんな風に思うようになることがコートダジュールの秋の気配なのかもしれません。

注・親子です
上の写真は水着の娘たちをニヤニヤ眺めるおっさん達、、、ではなくとある親子。
コートダジュールとはいえ9月後半ともなると日差しは強くても
水温が思いのほか上がらない日が多くなってきます。
そうなってくると若ければガンガン泳げますが、
オーバー30世代あたりからただ水辺にいるだけという上の図が出来上がるわけです。
(歳取るとなぜかまた泳ぐ人が増えてくるのが不思議ですが)

        レランス島

これからコートダジュールの生ぬるい秋がゆ〜っくりと始まります。


夏が終わったら即12月のノエルと1月のソルドを楽しみにするのがダジュール流生き方上手。
いつも応援ありがとう♪ 今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

リゾートに暮すということ

JUAN-LES-PINSが美しいのは
もしかしたら潜在的にもつその色のせいなのかもしれません。
“共感”することで見えてくる色は人それぞれだと思いますが、
私の場合、ジュアンレパンから引き出される色はモーヴ。

昼間は太陽の強い光にどこもかしこもスパークして真っ白(?)見えますが
太陽光線の弱くなる夜明けは繊細で透明なモーヴ、
夕暮れにはかなげなビターなモーヴ色がジュアンレパンを支配します。

初秋のジュアン2

“ジュアンレパンの紫”に包まれると今が現実なんだか幻想なんだか
その境界線にいるような気がしてきます。
ロマンチストであるならば、ジュアンレパンで体験するそうした瞬間に
きっと静かに満足していただけるでしょう。
外に出ている満足ではなく内に秘める満足感がコートダジュールの魅力。
(だから一般的なツーリストではなく「トラベラー」に人気があるのかも)

初秋のジュアン

リゾートだって生活圏になってしまえば起きる問題はどこも同じ。
都会と比べれば不便であることは一目瞭然。
でも普通の慌しい毎日に気高い一瞬があること、
買い物帰りのスーパーのビニール袋が手に食い込でるような時にも
神々しいその一瞬が眼前に広り思わず立ち尽くす、、、なんてことは
リゾート暮らしならではのメリット。

初秋のジュアン3

犬の散歩風景がまるで印象派の絵画のように見えるのもメリットのひとつです。
後光差してる、、、、(笑)。

今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

わかるけど渡っちゃイカン!

TF2の20時のニュースで国鉄JUAN-LES-PINS駅が出てきた。
何かと思ったら「バカンス中のコートダジュール線ではビーチに行くのに
線路を横切る人が多くて、過去5年で33人が命を落としている」という話。
なぜ渡る?急いでいるの?
いえいえコートダジュールで「急ぐ」人はおりません。

コートダジュールの海岸線はすべて風光明媚な絶景ビーチ。
しかし、駅から歩いていけるようなところは“ビーチ”として商業利用されているか
または大金持ちが私有地として所有されています。
“フリーのビーチ”でかつ“夢のように美しいビーチ”は
車でも行けない場所や岩場を這って進まなきゃ行けない場所、
船で(または遠泳して)海からしか行けない場所など
ハードな行程を余儀なくされることが多い。

でも他人嫌い&締り屋&手付かずの自然大好きなフランス人は
どんなに遠くてもその道のりがハードでもなるべく人のいないビーチを目指します。
(そのあたりの真剣さはニホンのサラリーマンのプレゼンにかける意欲くらい高い)

基本的にコートダジュールの海岸線は海→ビーチ→
お金持ちの別荘→道路→線路の順で構成されている。
左手に線路
車や電車でと通り過ぎる時には最高の眺めでいいんだけど、
歩きの場合、この「線路さえなければ、、、」という場所は確かに多い。
(そのおかげで海沿いまでみっしり家が建つことなくダジュールらしい豊かな海岸の佇まいを保つことにもなっている)
電車もそんなに来ないし、セキュリティもあってないような金網だけだったりしたら、
「渡っちゃえ!」って思う気持ちもとってもわかる。

ただね、、、私ならやっぱり渡りませんよ。
だってニホンジンですもの。交通法規を守る云々以前に、つい計算してしまいます
金網をよじ登ったり、くぐったりして線路を横断できたとしても、
その先が人の足でたどり着けるビーチかどうかわからないし、
私有地の防犯カメラで通報されるかもしれないし、
猛犬や番人がいるかもしれないし、
すでにヌーディストに占領されてるかもしれないし、、、。
第一コートダジュール線はTGVも同じ線路を走ってるんですよ。
新幹線の路線内に入る愚かさまではさすがに持ち合わせておりません、、。

こういった諸々のリスクに対するリターンを考えると、
多少お金払っても清潔でリッチな雰囲気のプライベートビーチのほうが
面倒くさくないと思っちゃう、資本主義観念に蝕まれた私。
「面倒くさい」そう思うポイントが私とフランス人とは大きく違うのかもしれませんね。

フランス人が望む状態をかいつまむと、
「他人が介在しないこと」「お金を使わないこと」「己の欲が満たせること」だと思う。
「己の快楽を追求するためなら死んでもいい!」と思ってるフランス人、
「他人が介在するわずらわしさを除去するためならなんでもする」フランス人だからこそ
“決死の線路越え”をもいとわないのではないでしょうか?


でもそれこそ事故でもあったらまたまた電車が遅れてさらにいつ再開するかわからなくなるので、ほんとーにやめてもらいたい。駅に飲み物の自販機がなくて駅前に店もない無人駅も多いので、そこでいつくるかわからない電車をただひたすら待つのはほぼ拷問です。
今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(1) - -

衝撃のモッツァレラ

それは夏はトマト・モッツァだけで生き伸びた私とってかなり衝撃的なニュースでした。
【ローマ4日AFP=時事】イタリア、英国、ドイツ、オーストリアの企業約40社が、質の劣化したチーズや賞味期限の過ぎたチーズなど計1万1000トンを新鮮なチーズに混ぜて販売していたことがイタリア捜査当局の調べで判明した。
  これらの企業はシチリアの実業家がトップを務める4つの会社(イタリア3社、ドイツ1社)を使い、ネズミの糞やビニール包装、ラベルの残留物を含んだチーズを廃棄する代わりに新鮮なチーズに混ぜて再加工し、モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラなどとして販売していた。
 再加工は過去2年間にわたって行われ、4つの会社は合わせて約1000万ユーロ(約16億8000万円)を得ていた。これまでに3人が逮捕されたという
。〔AFP=時事〕

たーしーかーに夏になるとアイスの1ℓパックのようなものに入ったファミリーパックや
“3個まとめてお買い得意”みたいにかなり安く大量に出回っていたのは事実。
あの安くなってたのはまさか、、、と思うと頭が痛くなります。
(過去のことなのでお腹ではないのがせめてもの救い?)

どんなに暑い日も冷たく冷やしたモッツァに完熟トマト、
今摘んできたバジルに極上のオリーブオイルとバルサミコ酢、
上質のブラックペッパーでも挽けば、あとはいつものバゲットだけで
毎回大満足の“夜ゴハン”になったので、相当な頻度で消費してたんだよね、、。

基本的に基準の低い南仏なので、食品の衛生状況は良くはないのは重々承知。
かなりアバウトでずさんな保存環境でも乾燥した気候に助けられ、
めったなことではカビが生えないのがまた問題なんですよね。
細かいものがよく見える日本人眼力を駆使して、
家でもスーパーでもレストランでも職場でも
食品のカビのチェックは私の仕事って感じだったけど、練り直されてたんじゃね〜。

こうなったら関係者全員逮捕して何をどうしたか全部吐いてもらいましょう。
おいしくて簡単な夏の定番メニューから安心感を奪った罪は重い!


今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(5) - -

癒しのわんこ達

コートダジュールの海ではわんちゃんたちものびのびした表情を見せています。
特に海好きのワンコはザップーンと勝手に泳ぎはじめては、
癒しのオーラを振りまいています。
「海とワンコ」はベストな組み合わせ。癒される〜。

わんこ2

-DOG

-DOG1

DOG2
あきらかに爐付き合い瓩罵茲討訖翰イ靴ぅ錺鵐魁
「(この飼い主とも)長い付き合いなんでね」って声が聞こえてきそうです。


ワンコ禁止のビーチも多いので看板でご確認のこと。
今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

木漏れ日フェチ

木漏れ日の下で何かする。
本を読む、料理を食べる、飲む、語らう、詩を書く、音楽を聴く、
手紙を書く、うたた寝する、、、、。
いつもしている作業でも木漏れ日の下でするだけで
この上なく豊かで幸せな気分になれる。
木の下に移動する、ただそれだけのことなのに、トーキョーではなかなか難しい。
理想的な「木漏れ日の下」にはクリアすべきポイントがいくつかあるからだろうか。

売店

まず木漏れ日を作ってくれる木はそれなりに大きい方がいい。
そこを通り抜ける風はカラッとしていて涼やかな方がいい。
木漏れ日と木陰の光と影の割合は2:8だけど、
風に吹かれるたびに3:7に変化するくらいがいい。
木漏れ日の下以外のエリアはまぶしい光に照られている方がいい。

コートダジュールの名産はもしかして「木漏れ日」なのかもしれないな。


今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -