スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

PBのお値段

PBってなんのことはない「プライベートビーチ」のことです。
ちょっとこの場を借りてメモ的に、
ジュアンレパンのビーチまわりの値段表をUPさせてもらいます。
うーんでもこの値段表、、、アバウトだな。
マットレスだけとかデッキチェアだけってありだったかしら、、、?
フツーはチェアにマットしいてありますけどね。

ビーチ値段
しかもパラソルの値段書いてない!
チェアとパラソルはセット価格だったっけ?
うーん、人の記憶ってあいまいだなー。

ジュアンレパンでこの値段はかなりお手ごろ。
それにしてもチェアとマットレスとパラソルで3800円程度だった気がする。
夏の終わりだったり、午後遅かったりすると割引されることがあるのかも。
パラソル付で1日3000円くらいでついでにまんが喫茶になってると
私としては最高なんですが。
(ちなみに紫外線が強いので紙類は半日で黄ばみます)

強風のジュアン
いづれにせよ、こんな突風の秋口はパラソルなんてさしていられないけど。

※ 突風でパラソルが吹っ飛ぶなんてしょっちゅうな地中海沿い。
旅行中は十分気をつけて周りの危険要因を確認しておきましょう♪
飛んでいったパラソルの先端がレストランで食事中のムッシュウの頭に直撃したのを見たことあります。あわや大惨事、、、でもウエイトレスがフツーに誤って終了。責任者出てこず。さすが地中海性気候“脳”です。「自分のことは自分で守ろう」と強く思った出来事の1つでした。

今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

これもジュアン・レ・パン

バカンスシーズンたけなわ。
ジュアン-レ-パンも人口過剰な季節になりました。

ジュアンレパンは比較的お金の余裕のある人が集まるエリアですが
爛侫張Ν瓩凌諭垢世辰討燭さんいます。
電車でジュアンを目指して近隣からやってくる若者もたくさんいます。

だから国鉄ジュアンレパン駅から5分のパブリックビーチは
「これがジュアン?」と思うほどのイモ洗いビーチに。
1
日差しが弱くなる18時ごろを狙っていってもこのありさま。
しかも写真で見るよりがんっがん日差しが照りつけてます。
3

あまりに混みこみでくつろげないっていうのが一番の理由だけど、
こんなにお隣さんと近かったら、自分の貧弱ボディが気になって
水着になることさえためらわれそう。
そのためジュアンレパンなのにこのあたりのビーチは一度も利用したことがありません。
(どうせ無料なら他に静かで美しいところがいっぱいあるもんね、、、)

ジュアンレパンはアンチーブ半島の先端を富の頂点として
陸地が広がっていくに従って庶民色が濃くなって行きます。
そしてこの富のピラミッドの法則
コートダジュールの4大半島(キャップフェラ・キャップデル・キャップダンチーブ・キャップマルタン)の全てに共通します。
なので、高級でもステキなホテル・レストランをお探しなら岬の先端で、
手ごろな金額のところならふもとの方で探すとそれそれ良いものが見つかるでしょう。

ちょうどいいホテルを確保して気に入ったら毎年予約します。
そして毎年の滞在中に新しいレストランや穴場の物件を探すのも大きな楽しみ。
そうやってじっくり別荘を探す人もたくさんいます。優雅ですね。


今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(1) - -

Hotel Du Levant

のどかさいっぱいのギャロップビーチ。
このブログでも何度も出てくるのはかなりの頻度で行ってる
&いつもいい色の写真が撮れるからだと思う。

ギャロップ2

ギャロップ3
上・パブリックビーチなのにこの優雅さ、、、、。
ギャロップ1
こちらも頻出のプラージュケリー。プライベートビーチです。

大きな地図で見る
シュマンドゥラギャロップの前のあたりがビーチになります。
アンチーブ半島には政治家の別荘やいろいろ知られちゃ困る人の別荘が多いためか
グーグルマップではここまでしか近づけないのが残念なところ。ぼやけすぎである。

レジデンスギャロップ
セレブ風味の貸し別荘に生まれ変わった元レストラン。その左端、茶色い建物に注目!

ホテル1
これがHotel Du Levant
正直ぼろい。正直古い。
料金1
それでも1泊1万8000円〜2万7000円くらい。
(アンチーブ半島で夏に部屋が空いてるだけすごいラッキーだけど)
さすがコートダジュール。さすがアンチーブ。
中は見てないし、外観は昭和だけど、、、とにかく立地がすばらしい。
本当にすごいいいロケーションなの!
コートダジュールで部屋から海が一望できるホテル自体実は少ない。
しかも周りは超高級レジデンスや高級ホテル、別荘が立ち並ぶ
静か(でもないか)で品のいいエリア。
多少ホテルがボロくてもどうせ1日中ビーチにいるんだから関係ないし。
ビーチまで徒歩3分ならどんなにぼろくてもこのホテルは穴場かも。


Hotel Du Levant
Chemin de la Plage - La Garoupe - Antibes-Juan-les-Pins - 06160
ダブルルーム 最低料金 € 120
+33-492937299

ぺら1枚のシンプルHPが可愛らしい、、、でも客室内の写真が1枚もないのはなぜ!?
今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(2) - -

いろいろちょうどいいハーバー

ジュアンレパンの港って整備が行き届いてどのクルーザもピカピカなせいか、
港特有のやぼったさがないし、取り巻く景色も含めてなんとなくフェミニン。
    港2
こころなしか船の佇まいもフェミニンなものが多いような気がする。
港4

それに「これなら、LOTOで何回も当たれば買えるかも???」と思える
限界のサイズの船が多いのがまたいい。
港1

アンチーブの港のように個人用としてはあまりの大きさに笑えてくるようなのがあると
「庶民が夢なんか見るな」って感じで逆に冷めたりもするけど(笑)、
ジュアンの港は大きいくても下のサイズなので夢みるにはちょうどいいのです。
港3
夢はでっかく↑↓
-港5

しかし、給油中のスタッフに聞いたら、そら〜食うわ食うわ。
単位は忘れたけど、コレだけ入れても1時間そこらとか
びっくりするほどガソリンを食うのです。
オイル充てん2
この方はガソリンを入れてるのか抜いてるのか、私にはわからずじまい。
だってイラっとし始めてたので怖くて聞けなかった(笑)。

オイル充てん

昨今の原油高で今年はクルーザを手放すはめになるオーナーもいるかもしれませんね。
でも小さな船のオーナーに限ったことだと思います。
だって、大きな船のオーナーはたいてい原油がらみのお国やビジネスの方々。
つまり原油高になればなるほど潤うアラブ系の方々。
乗って、使って(ガソリン)、また潤って!とまったくうらやましい限りです。


原産国のしかも原油のオーナーってどんな気持ちで毎日を過ごしてるんでしょうね?
、、、どうりでJEUX D'ARGENT(賭け事)ばっかりしてるわけだ!
(もちろん決まった場所以外の賭け事は禁止です!!念のため)
今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

ジュアンレパン 横切りシリーズ

プチトラン(観光バス)が通るとどうしたってゆるい光景になる(笑)。
悪天やシーズンオフには走らないのだから、ある意味町の平和のシンボルなのかも。


この日も見とれるほどすがすがしい朝の海を前にカフェしてたら、横切ってきた。
平和な景色に割り込んでくる脱力感いっぱいの平和のシンボルプチトラン。
1

2
さすがリゾート地です。

3
わりと激しいものも横切ります。
さすが高級リゾート地です。

平和なり。

今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -

金色の砂

コメントいただいたジュアンレパンの金色の砂について、
写真があったのを忘れてました。
1
ちょっと見づらいけれど、ホワイトベージュの砂のなかにキラキラと「砂金!?」と思わせるような金色の砂がきらめいています。
コレが光に反射してもう、、、
ゴールドきらめく波に揺られてこの上なく幸せになれちゃいます。

5
それは国際ジャズフェスティバルの会場となる松の木公園広場から
ホテルメリディアンの一帯で、
ジュアンの中でも一番メジャーなエリアにあたります。

4
遠浅白砂浜ビーチだし、景色もいいし、
海の家の備えもいいし、町と直結しててアクセスも良い。
隠れ家系のプライベートビーチ(海の家)ではなので
カフェもレストランもいくらでも選べるし、
日焼け止めがない!って時もお高い系からスーパーのオリジナル系まで買いに走れる。
いつも外国人バカンス客で賑わってるのも激しくうなずけると思いました。

-3
こじゃれたビーチとしてとっても使い勝手が良くて
意外といごこちがいいのでびっくりしました。
なぜびっくりしたかというと私がこのビーチを使い出したのは
ジュアンに来てからなんと2年半も経った秋口のことだったからです。
毎日通って毎日眺めて毎日のように写真に収めてるのに、
ここで泳いだことはなかったのです。
-3.2
近いし有名なビーチなのになぜ使わなかったのかというと、
まず職場に近すぎたこと(同僚に見られてたらと思うと落ち着けませんから!)。
松の木公園からのギャラリーが気になること(ペタンクでヒマなおっさんがい多いし)。
それにジュアンレパンのビーチとしてあまりにもベタだったので
私は一応狃嗣鵜瓩世掘⊇嗣韻呂發辰肇譽△淵┘螢△鮖箸Δ戮靴隼廚辰討燭ら(笑)。

ま、実際は夏場は仕事でくたくただったので、
ビーチにいく余力もなかったのが正直なところ。
なんとか海に繰り出したとしても疲れた心を癒すために、
ひっそりとした辺鄙なシークレットビーチばかりに通ってたので
ここのビーチはほんっとーに利用したことがなかった。
灯台元暮らしでしたね。
ジュアンレパンを再発見した気分でした。
プライベートビーチの料金もこの辺り(メリディアンホテルを除く)
は実はそんなに高くないし(1日3000円くらいかな?)時間がないとき便利。
(そもそも時間がないときにビーチ?
そうです。ダジュールではビーチが社交でビーチが人生ですから!)

9月に入り子供連れがいなくなり、
10月近くになると成功してる自営業者や
リタイヤしたお年寄りや働かなくていい人など、
人生に余裕のある人がゆるくなった光の中でとろとろとまどろんでいます。
私もずいぶんなおじいちゃんに「もっと早く出会っていれば、、、」と言われました(笑)
私は遺産でもかまいませんけどね(笑)。

Posted by abcnt - comments(1) - -

Antibesトリビア

アンチーブ旧市街の海を臨むカジュアルレストランLes Vieux Murs

-ビューミュール5


ギャロップ湾のプライベートビーチPlage Keller(およびResutaurant Le Cesar)は

-keller

経営者が同じ。

cuisine3cuisine2cuisine1

        ビューミュール3
        おいしかったよ、、、、ありがとう!


Posted by abcnt - comments(2) - -

マッサージ@ビーチは合法か?

パック(復活祭)が終わる4月下旬からはビーチが賑わいだすJuanlesPins。
さすがに4月はまだ海に入るのは冷たいけど、張り切って泳いでる人もいます。

さて、夏本番になるとビーチはごった返し、、、
5
そして水着の人々の間に白い上下に帽子を被り、リュックを背負ったひとがちらほら。
-6

彼女たちは(男性もいます)主にタイ出身のマッサージ師。
ビーチ客にマッサージはいかが?と海の家を回って歩きます。
(プライベートビーチは波打ち際は誰でも通れますのでそこが仕事場)
30分で25ユーロ(4000円程度)、そのうちの5ユーロ(800円程度)を
そこのビーチのパトロンに渡すのが相場と聞きました。

5247
スカイブルーのチェアーでマッサージストに質問しているのがTF2の覆面記者。
「英語話せるの?」「マッサージの免許持ってるの?」「労働免許持ってるの?」
この時の彼女の答えは全て「NO」だった。
しかし必殺「英語はよくわからな〜い」と経絡の紙を見せて
押し切って乗り切ってました(笑)。
た、たくましい。

マナーも悪くないし、お客さんも喜ぶので「黙認」されている感があるけれど、
やはり2重に不法であるということが問題になっています。
ひとつはは往々にして即金の闇労働であること。
もうひとつはマッサージに関してもたいていは無免許であること。
M1M2
左がキネジテラピー(日本で言う整体)代表、
右がアンチーブ・ジュアンプラジスト協会の会長さんからも困り顔。
でも私はいまだに白い服を着たアジア人が取締りを受けてるのを見たことがありません。
(ニセブランドを売らされているアフリカ系民はよくつかまってるのに)

非合法でも彼らはすでに夏のビーチの風物詩のひとつ。
地中海の太陽降り注ぐなかで浜風を受けながらマッサージを受けるのは最高ですし〜。
今日のジュアン3
  見えますか?この写真の右下のほう、          ↑↑
夏も終わりの静かなビーチでマッサージを受けてます。こりゃぁ、気持ちよさげ。


私はなんとなく「あの程度で4千円は高い!」って思うから頼んだことないけど(笑)。ちなみに高級ホテルのプライベートビーチには免許を持った契約マッサージ師しかおりませんのでご安心を。
いつも応援ありがとう♪ 今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング

Posted by abcnt - comments(0) - -