スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

<< 2008 ニースのカーニバル | ジュアンの海の気持ちよさはこのCDで >>

フランス郵便局で4ヶ月前に、、、

そういえば、、、、。
昨年10月中旬にアンチーブの中央郵便局から送った荷物がまだ届いておりません。

フランスのラポストといえば大きな郵便局にいけば行くほど
カウンターの数と窓口職員の数が大幅に違うというセオリーがあります。
「さすが大きな郵便局!窓口が7つもある!」と思っても、
そのうち4つは開かずの窓口。
よく見れば回ってる職員はたった3人ってことがよくあります。
そこに狢腓な郵便局だから瓩反佑集まってくるので長蛇の列!
「フォーク並び」って知ってますよね?
そのフォークの柄が日ごろ使ってるのより
ちょっとはみ出るくらい
はいつも並んでいます。

一方、町外れの極小郵便局は全窓口が3つだとしても
3つ全てが開いているので稼動窓口数は実は同じ。
こちらは混んでもフォークの柄1/3くらいまででしょうか?
ただし、小さすぎて列が建物に入れない場合もあって
ダジュールの真夏はなかなかきついけど。
お昼にかからない限り(正午から1時間半くらい昼休みで閉まる)郵便局は
なるべく小さめを狙う
のもテです。

だってアンチーブの大きな(昼休みをとらない)郵便局から送ったのに
実際こうして荷物が届いてない、、、。
(それより後に小さな郵便局から送った荷物はとっくに届いたってのに。)

実は送るときに職員が「アジアに」「書籍」を送るカテゴリーを知らなくて、
私が「書籍だけの特別に安い便があるでしょ?あれで送ってください。
第3リージョンですよ。」と教えたくらいだったから
ちょっと嫌な予感がしたのだが。
その時その人が「届くのに2〜3ヶ月かかるよ」と言ったのがひっかかる。

通常船便で送るとそのくらいはかかるのだが、
たしか書籍に船便はなくて、ニホンからのSAL便とおなじで
エアー便の空きスペース順次詰めていくんじゃなかったか?
早ければ1ヶ月くらいで到着もあったような、、、。
多分札を間違えたか、第2リージョンの中近東にでもいってるのか、、、?

一般のダジュール育ちの地元勤めのフランス人にとって
ニホンなんて世界の果て。中国の一部。遠すぎて見えないからないのも同じ。
「ニホンへ」なんて依頼はコートダジュールの片田舎ではそうしょっちゅうはないので
意外と方法を知らない職員が多いです。
(特にオンライン化した端末に入力するのが総じて苦手の様子)

とにかく大きな郵便局の職員だからって安心ってことは絶対にないので、
彼らをイラっとさせないように助け舟をだすのも芸のうちですね。



     LAPOST
ジュアンレパンの駅前郵便局(ジュアンにはここしかないが)。あ〜あ〜。中身が本でそれも日本語だから絶対狹陲蕕譴泙き瓩隼廚辰
「プリズンブレイク」のDVDコフレも入っていたのに、、、。
ムショ言葉をフランス語で聴けて(おかげで口が悪くなるけど)面白かったし、
コートダジュールにはいない系の(笑)ウェントワース・ミラー様の美しい顔から聞こえるフランス語もなかなか癒されるのに〜。

いつも応援ありがとう♪ 今日もぽちっと応援クリックお願いしま〜す → 人気ブログランキング
JUGEMテーマ:ペット

Posted by abcnt - comments(7) - -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク - - - -

Comments

Posted by 履歴書の封筒  at 2011/11/25 1:24 PM
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by abcnt  at 2008/02/16 5:17 PM
みなさまコメントありがとうございます。
本当に「おっさんのぼやき」みたいなこのブログに
足を運んでくださるだけでも感謝なのに、
コメントいただけるなんてまったく幸せ者でございます。

そのわりにはコメント放置、、、猛省の日々ですが、
矛盾を抱えるのが人間というものとあきらめてお付き合ください、、、。

momoさま
コメントありがとうございます。
しかしリアルなフランスの田舎は、、、
ニホンの地方都市に残る昭和の香り的な
なんとも刹那的なものがあります。

「夢は夢のままが美しい」。
ダジュールに来てみてかみ締めるようにわかったことのひとつです(笑)。


mahoさん こんにちは!
荷物が届きました!
このブログをどっかで読るのでは!?とさえ思えるタイミングで、、、。
なんか不思議です。

サトシさま はじめまして。
いろんな探し物の途中でふと立ち寄る狠かの世界瓠
自分が知る前からそこにあり、
二度と関わらなくてもそんなの関係なくそこにある、、、。
ブログってその存在自体が面白いと思います。
勝手にやってるので(笑)、またどこかでお会いしましょう。

きゃらめるメルカ 様
長い旅の果てに、おととい荷物が届きました。
無傷でした。
キャラメルメルカさまの荷物もいつか必ず届くでしょう。
その「いつ」の単位がニホンと外国では大幅に違うのが
玉にキズ。
Posted by きゃらめるメルカ  at 2008/02/16 2:28 PM
おひさしぶりです!
お元気ですか?
今回の記事を見て、ちょっと安心(とういうか共感?)したわたしです・・・というのは、私も先月から日本に戻ってきており、書籍で送った愛読書たちがまだ到着してないんですよねぇ。
赤いお手軽なコリシモボックスはあっという間に来ましたけどね。心配ですが、気長に待つしかなさそうですね。ふぅ
Posted by サトシ  at 2008/02/13 11:16 PM
ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!
Posted by -  at 2008/02/11 1:59 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by maho  at 2008/02/09 10:25 PM
何と、タイムリーな!!
私もちょうど、Parisの友人に送った荷物が届かないとアタフタしていたところです。
先月の4日に航空便で送ったのですが、昨日ようやく着いたと。(予定だと1週間で届くはずだったのですが、1ヶ月かかりました)お話を伺っていると、届いただけでもマシなのかも?と思えてきました。
フランスの郵便事情、奥が深いですな(笑)
Posted by momo  at 2008/02/09 10:53 AM
いつも楽しく拝見しています。
最近は更新が少なくて淋しいですよ。
南仏に興味を持ち始め約1年、日常的な様子が聞けて
これから旅するのも、南仏人に接する時も役立ちそうです。ところで、最近残念に思うことがあるのでコメント
しました。夏時期、毎日のように写真をみて移りゆく南仏を
拝見していたのですが、冬になり今の南仏をみる事ができな
くなった事です。観光客も減り店も閉まり淋しい時期かも
しれませんが、やはり今を見たいのです。賑やかで華々しい時だけではなくリアルタイムを見たいのです。
ほんの町外れの写真でも想像は膨らむものです。
夏場の写真を今みるのは淋しいです。
いつも楽しみにしていますので体に気をつけて南仏ライフを
エンジョイして下さい。


Comment form