スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

<< 女王対決 | 薬にまつわるミステリー >>

夏のおもひで

すがすがしい朝、、、。
といってもほぼ毎日清々しく、爽やかで美しい朝なのがコートダジュールのいいところ。

この日もきらめく秋の光に誘われるままに
キャップドアンチーブ(アンチーブ岬)をジュアンレパン側からお散歩。


平和な朝


奥に見える白いヴィラは「ヴィラ ドウジュルドゥイ」(カタカナで書くとすごいものがありますね
“明日の館”とでも申しましょうか?
アールデコ全盛期のおしゃれなヴィラで
コートダジュール建築のビジュアル本にもよく登場し、
アンチーブ岬のシンボル的なヴィラのひとつでもあります。

このヴィラの前の道はかなり狭いので行きかう車に気をつけながら進むと
ナポレオン美術館の手前に夏だけオープンするビーチレストランがあります。
道路からは絶対に見えないところにあるので穴場的存在。


今日はそこのビーチの値段メモです。
マトラ(マットレス)といってもビーチチェアーのことなのでご安心を)に
パラソルで1日20ユーロ。
当時は3300円、今日なら2800円位でしょうか?

値段

映画より高い、ランチより高い、、、etc?
いろんな価値観はありましょうが、私は高くないと思います。
なんたってプライベートビーチは総合エンターテイメント。
寝て泳いで本読んで雑誌眺めて、考え事したりしなかったり、
おいしいもの食べたり、男性なら水着の女性を眺める楽しみも。
それになにより出会いがある。
男女の、、というより同じところが好きで集まった人間同士の出会いがおもしろい。
もちろんひとりになりたい時はそっとしてもらえるし。

コートダジュールのプライベートビーチは気軽でおしゃれ。
気取りすぎることも逆に磯の香りがしすぎるようなこともない。
もうどこも終了してしまったけど、来年4月ごろまた会おう!




Posted by abcnt - comments(0) - -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク - - - -

Comments

Comment form