スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

<< また春が巡ってきます  | コートダジュールの空気感♪『ANTHONY ZIMMER』 >>

カーニバル対策 冬のダジュールの光はこの映画でチェック!

パリが舞台の映画は数々あれど、コートダジュールが舞台の映画はものすごく少ない。
多分、、、、コートダジュールにくると悩みもなくなって、楽しいことばっかりが起こるので
映画になりにくいんだと思う(笑)。
(実際、あの青い海と空、輝く太陽の元でぐじぐじ悩んでられる人がいたら
ある意味そうとうに精神力のある人物だと思う。)

それでも夏のコートダジュールが舞台の映画は何本かあってこのブログでも紹介していますね。
今回はニースのカーニバルを見に行く人のために、冬のダジュールが舞台の映画をご紹介します。

けっこう古いけど「輝ける女たちLe Heros De La Famille」です。
ニースのキャバレー「青いオウム」をめぐる人間模様のお話で、
カトリーヌ・ドヌープ、エマニュエル・べアールといった日本でもおなじみの女優さんほか
フランスの実力派俳優が競演しています。

フランス映画独特の抑揚、起こる出来事、それに対する反応もいかにもフランスちっく。
ストーリーもなかなかいい。
でもここで注目は冬のコートダジュールの光とみんなの温度調節、つまり着こなしです。
「2月のコートダジュールはそんなに寒くはないけど、それでも冬なのでそこそこ暖かい格好でね」
そういわれても微妙にわからないですよね(笑)。
でもこの映画を見るとなんとなくわかります。
「あ、こんなに光あふれてるんだ、、」とか「あ〜着てる人は着てるな〜でも薄着な人はこんなもんか」
など現地の事情とご自分の寒さへの耐性を考えて防寒対策をしてみてください。

あ゛〜2月のニースいいよねっ!
日本の2月とは別世界の快適さだよ☆

Posted by abcnt - comments(1) - -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク - - - -

Comments

Posted by photoquirit  at 2010/08/05 5:11 PM
はじめまして。数年前からブログを楽しみに拝見していて、現在はパリに滞在しています。フランスにきてもし機会があればお会いしてみたい!とずっと思っていました。その後はどうされているのかも気になっています。今はバカンスシーズン。南仏、特にアンティーブの辺りは人が沢山いそうですが、行きたい気持ちよく分かります。お元気で過ごされていればそれが何よりです!海が冷たく、緑が散る前までのこの季節を満喫してください。(もしかしてお仕事?)

Comment form