東京で派遣社員をしていたフツウの30女が
2005年、ワーホリビザ片手に全財産30万円で渡仏。
不思議な縁に導かれ、なぜかコートダジュールはジュアン・レ・パンのピカソも住んだ海辺の別荘で暮らすことに。
英語は元よりフランス語もままならないまま4星リゾートホテルで働き始めて(季節労働)知った、マナマのフランス社会、マナのリゾートライフ、ナマのコートダジュール。
 トウキョウの常識がまったく通じない世界でのフラストレーションをぶつけるために始めたブログではありますが、半分はこの知られざるリゾート、ジュアン.レ.パンを知ってもらいたいためでもあります。
 駅前のネットカフェからの投稿のため毎日更新できるか心配ですが、「気負わずしかし決してあきらめず」続けていきますのでどうぞ毎日お越しください。

、、、という経緯で2006年4月より始めたブログも
毎月3万人前後の方が「休息」しにいらしてくださるものになりました。
2007年からインターネットの出来るマンションに引越したのを機に
ストレス解消のための愚痴ブログから、
コートダジュール(特にジュアン・レ・パン)で過ごす日常や
旅行に便利な情報を中心にした爽やかブログにシフト(笑)。

特にデジカメを入手、写真の縮小方法を知った07年春ごろから
「コートダジュールの休息」風味をお伝えできるような
写真の掲載に心を砕いております。

最近はブログでジュアン・レ・パンの良さを紹介するたびに
自分自身がコートダジュールの恵みを受けていくのを実感しています。

日本ではセレブでゴージャスな面ばかりが強調される
コートダジュールですがその素顔は意外と素朴な田舎町。
コートダジュールの太陽はセレブにだけ降り注いでいるわけではないことを
もっと知ってほしいと思っています。

本場ヴァカンス賢人達のリラックス技を盗み、
いつも忙しいニホンの皆さんに「コートダジュールの休息」を感じていただけるように
「気負わず常にちょっとの変化を求めて」更新を続けていきますので、
どうぞお付き合いください。

、、、というスタンスでしたが、2007年10月下旬よりニホンへ一時帰国中。
ご紹介しきれなかった記事や写真がわんさか溜まってるので、
あくまで「コートダジュールの休息」情報にこだわって
ブログを続行しています。
ニホンでの日々は別ブログ(フランス語)にてUP中。
こちらもすくすく育ったらご紹介したいと思っています。

、、、2008年3月31日、天啓を受けるかのようなとある言葉と出会い、このブログは卒業。
その後は自分用のコートダジュール書き残しメモとして存続。
更新は不定期、内容もメッセージ性なしですが、
気ままにお付き合いください。